毎日大さじ1杯で免疫力アップ! れんこんパウダーを作ってみましょう(2)

1701p044_08.jpg

れんこんパウダーとは、れんこんを完全に乾燥させて粉末にしたもの。毎日大さじ1杯摂取すれば、驚くほど免疫力がアップ! ぜひ、毎日の食生活に取り入れてみてください。

前の記事「れんこんパウダーで免疫力が驚くほどアップ!(1)」はこちら
れんこんパウダーを作ってみましょう
電子レンジを使うと乾燥時間を短縮できます。 れんこんは重ならないように並べ、ラップせずに加熱します。

材料(出来上がり100g分)
れんこん...1㎏

作り方
1701p044_01.jpg 1.れんこんは洗って水けを取り、皮付きのまま2~3㎜厚さの輪切りにする。

 

1701p044_02.jpg 2.電子レンジの耐熱皿にペーパータオル3枚を少しずつずらして重ね、皿から少しはみ出すように敷く。れんこん100gを重ならないように並べる。



1701p044_03.jpg 3.ラップはせずに100gにつき電子レンジ600Wで2分加熱する。必ず100gで2分を守るようにしないと、酵素が残るなどで黒くなったりするので注意。

 


1701p044_04.jpg 4.電子レンジから取り出して、ペーパータオルか乾いたふきんで上から押さえるように水けを除く。



1701p044_05.jpg 5.2~4までを10回(1㎏分)くり返したら、クッキングシートを敷いたバットに並べ、室内に1~2日置き、色が濃くカラカラになるまで乾燥させる。床暖房がある場合は、12時間ほどで乾燥する。



1701p044_06.jpg 6.ミキサーやミルにかけて粉末状にする(ミキサーが回転しないときは、めん棒で砕くか手で割ってから入れるとよい)。保存容器で冷蔵か冷凍保存する。




1701p044_09.jpg 自然乾燥で作る場合
れんこんを皮付きのまま1㎝厚さの輪切りにしたら、クッキングシートの上に重ならないように並べ、ベランダなど日当たりのよい場所で1週間ほど完全乾燥させる。



次の記事「ちょい足しで絶品! れんこんパウダーレシピ(3)」はこちら。

1701p042_murakamiprof.jpg<教えてくれた人>
村上祥子(むらかみ・さちこ)さん

料理研究家・管理栄養士。1942年、福岡生まれ。公立大学法人福岡女子大学国際文理学部・食・健康学科客員教授。同大学にある「村上祥子料理研究資料文庫」で5万点の資料が一般公開されている著書『魔法の粉「れんこんパウダー」健康法』(講談社)、『レンジで楽チン!糖尿病レシピ』(新出版社)ほか。

この記事は『毎日が発見』2017年1月号に掲載の情報です。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット