「顔が伸びた」「やつれてる」と感じたら、手のひらマッサージでしぼみ肌撃退!

「肌にハリがなくなってきた」「肌のたるみが目立ってきた」といった顔の変化は、年齢とともに肌がしぼんでしまったせいで起こりやすくなります。

「肌がしぼむと、顔がやや縦長に伸びた印象になり、やつれて見えたり、ハリがなくなって老けて見られやすくなったりします。頬骨の下から、マッサージでしっかりと頬を持ち上げることで、垂れ下がっていた肌が元に戻り、ぐっと若々しい雰囲気になります」と、瀬戸口さん。

マッサージは、頬骨を上に持ち上げるようにします。顔がむくんでいると、やや痛みを感じたり、ごりごりとした感触がしたりしますが、しっかりほぐれるまで行いましょう。続けることで、顔立ちが若々しくなります。

1901p114_03.jpg体験したのは
読者モニター 増田久美子さん(63歳)

 

◎押すときは
1901p114_01.jpg肉厚な部分を使って
手順2・3は、手のひらの肉厚な部分を使ってほぐします。頬骨の下側に手を沿わせて、グッと持ち上げましょう。

1901p114_02.jpg乳液やクリームを!
手のすべりを良くするため、乳 液やマッサージクリームを使いましょう。手のひらにとってよく温めてから塗りましょう

 

1. こめかみから頭をほぐす(5周)

1901p115_01.jpg左右のこめかみから頭頂に向かう側頭部に手のひらを押し当て、ゆっくりと圧をかけます。
その後、下から上に持ち上げるようにグルグルと手を回転させてマッサージします。

 

2. 頬骨を下から持ち上げる(10秒)

1901p115_02.jpg頬骨の下のラインに手のひらの厚い部分を沿わせ、頬骨を持ち上げるように垂直方向に圧を加えます。頬骨を上に押し上げるようなイメージで行いましょう。

 
3. 気持ちよく圧を与える(10秒)

1901p115_03.jpg頬骨に沿ってフェイスラインまで手のひらを移動させます。そのまま、2と同様に、頬骨の下から垂直に圧を加えます。机にひじをついて行うと圧を加えやすくなります。

 

《ワンポイントアドバイス》
メイクが崩れやすい人は肌が硬くなっている合図
お化粧をしたとき「メイクが割れるように崩れる」「ファンデーションがスジになる」という人は、肌が硬くなっています。クリームや乳液を使ったマッサージで筋肉のこりをほぐして肌を柔らかくしてから、化粧水をつけるようにしましょう。

 


ここで体験しました
[KohGenDo麻布本店サロン]
(住所)東京都港区麻布十番3-1-6
(電話)0120-273-225
(時間)11:00~20:00 
(定休日)日曜、祝日
(料金)ベーシックコース10,000円+税(60 分)他
(交通)都営地下鉄大江戸線、東京メトロ南 北線麻布十番駅1番出口より徒歩1分


取材・文/笑(寳田真由美) 撮影/木下大造 ヘアメイク/野崎裕子

 

 

<教えてくれた人>
瀬戸口めぐみ(せとぐち・めぐみ)さん

美容家、 KohGenDoブランドディレクター。世界の女優を顧客に持ち、「女優の駆け込みサロン」と呼ばれる 「KohGenDo 麻布本店サロン」にて25年以上にわたり施術を担当。

この記事は『毎日が発見』2019年1月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP