シニア女性「見ているだけで幸せ」部門No.1!山里亮太さんインタビュー

定期誌『毎日が発見』の読者モニター350名に聞いた『心がときめく男性著名人ランキング2019』の「見ているだけで幸せ」部門にて見事1位に輝いた南海キャンディーズ・山里亮太さん。

6月5日に女優・蒼井優さんとの幸せいっぱいの結婚会見を開いた山里さんですが、今回の投票ではその際の山里さんの男気に賞賛の声が多く集まりました。今回は、山里さんの魅力に迫ったインタビューです。

1911p059_01.jpg

人に笑ってもらえることが幸せなのですが、人に幸せに思ってもらえることに感謝です

努力から逃げずにいられること。これが幸せだと思っています

「まさかの1位を受賞できて、正直驚いています。人生の先輩方(本誌読者の皆さん)に耳を傾けてもらおうとするとすごく難しいことだと思うので、まず興味を持ってもらえたことがうれしいです。こっちを見ていただいた後、これから僕は何を発信したらいいんだろうって教えてもらいたい心境です」

――芸人として、ライブやラジオ、テレビと引っ張りだこの山里さん。人を幸せにすることを意識していますか?

「お笑いの仕事をしているので、笑わせることで人を幸せにしていると言っていただくことがあるのですが、僕たちはその人たちの笑い声に囲まれながら仕事ができていて、これが一番幸せなんです。自分が幸せに感じることが、人の幸せにもなっているとしたら、とてもラッキーな仕事をしているなと思います」

――結婚したことで芸風が変わったり、考えが変わったことは?

「いままで、結婚したことで自分がダメになったって言われることが怖かったんです。結婚が原因で自分の能力の低さに気付くのが嫌だったのですが、実際に結婚してみて、結婚相手の蒼井さんが何も悪くないのに、芸が面白くなくなった原因が蒼井さんだと思われたくないという気持ちが強く、いまはもっと努力しなきゃって思えるようになりました。努力から逃げずに生きられる環境こそが幸せだと思うので、もっと努力しなければと思える動機ができたことが、結婚して変わったことですね」

――結婚を祝福するファンの方も多かったんだそうですね。

「ラジオ番組では聞いている方からお祝いのメッセージをたくさんいただきました。先日、名古屋でライブをした際に親子三世代でいらしている方がいて、「楽しかった」と言っていただけてうれしかったですね。 人生の大先輩方が聞いてくださっているという緊張感もありますが、地方ロケなどに行くと地元の大先輩方と一緒にご飯を食べたり、スナックで飲んだりしています。話を聞いているだけでも楽しいですもんね。例えば自分の悩みとかに対しても、自分だったらこう考えるって教えてくれるし、やはり経験値というか人生の先輩として教えてもらうことが多くて、そういう時間を大事にしています」

面白いって言ってもらえる。そんな人生でありたいです

――山里さんの祖父母は鹿児島にいらしたそうで、自身が芸人になるきっかけになったかもしれないというエピソードを教えてくれました。

「小学生のときに、夏休みや長期の休みがあると鹿児島のおばあちゃんのところに遊びに行っていたのですが、僕がモノマネをするとすぐお小遣いをくれて。このときに芸人としての種がまかれていたのかもしれないですね。何をやっても笑ってくれる人で、食堂をやっていたのでお客さんが少ないときはラーメンや焼き飯を作ってくれました」

――そんなおばあちゃん子だったと話す山里さんの、理想の年の重ね方を聞いてみました。

「さんま(明石家さんま)さんだったり、8歳以上でも大活躍されている先輩方が多いです。先日も古舘(伊知郎)さんのライブに行ったのですが、語彙力がすごいし、どっかんどっかん笑いは取るし圧巻の舞台でした。僕も、「面白い」って言ってくれる人がずっと周りにいてくれる人生でありたいです」

1911p061_01.jpg

――生涯現役でいるために、何か心がけている健康法などはあるのでしょうか?

「結婚して、食生活は変わりましたね。しっかりしたものを作ってもらえるので。適度な運動とおいしいご飯ですかね」

――適度な運動として散歩をしているそうですが、ただの散歩とはひと味違っていました。

「特にコースを決めたり、時間を決めているわけではないのですが、ただ歩いていると時間を浪費しているという罪悪感があるので、課題を持って散歩するようにしています。例えば「紫」の表現方法を30個考える、とか。きっとお笑いのネタを考える癖なのかもしれないんですけど、30個の中で1個でもヒットがあればメモしておくようにしています。ロケ先など、何かを表現するときに役立つんですよ」

1911p060_01.jpg

――まさに脳を鍛えながらの散歩を実践している山里さん。時間に関して、無駄にすることなく生活することを心がけているそうです。睡眠は、体が休みたいと思うときに寝るようにして体調管理をしているんだとか。

「脳を鍛えるということでいうと、お笑いってすごく鍛えられると思います。笑うって笑わせることと同じくらいの才能だと思うんですよね。人が言っている例えや、その状況を理解して笑うんですもん。僕のライブに限らず、お笑いのライブに行って、笑うことでぜひ自信を持ってもらいたいです。僕の親族も70歳以上なのですが、ライブに来て笑ってくれると、すごくうれしいです」

――笑うことも才能、まさにこれなら脳も楽しく鍛えられますね。

物忘れを防ぐ!★特集★『脳若返り健康法』その他の記事はこちら

 
この記事は『毎日が発見』2019年11月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP