今すぐ治したい!頭痛(1)頭や首、肩の筋肉がこったり、張ったりする痛みは「緊張型頭痛」です

zutuu1_main.jpg

「頭痛がつらくて、朝起きるのが大変」など、繰り返される頭痛に悩まされている人は少なくありません。なかでも、多いのが「緊張型頭痛」です。

「緊張型頭痛がある人は、日本では2000万人以上いると推測されています(Sakai F, Igarashi H. Cephalalgia. 1997)。男性より女性にやや多く見られます」と話すのは、北里大学医学部客員教授の五十嵐久佳先生。  

緊張型頭痛の症状は「頭全体に痛みが起こる」「締め付け感がある」「鈍い痛みが現れる」「頭痛以外に吐き気などの症状は現れない」などです。多くの場合、寝込むほどの痛さではありません。 症状の現れ方には個人差があり、毎日頭痛が起こる人もいれば、1カ月に1回だけの人もいます。また、痛みが30分間ほどで治まる人もいれば、1週間程度続く人もいます。

緊張型頭痛が起こる仕組みは、はっきりとは分かっていませんが、編み物のような趣味などで同じ姿勢が続くことで、頭から肩にかけての筋肉の過剰なこりや張りなどが関係して起こると考えられています。また、強いストレスも関係しているとされています。

「緊張型頭痛は、頭痛を引き起こす首や肩のこりや張りを和らげるために、まず生活習慣を見直すことが大切です。猫背などの悪い姿勢を直す、冷房の効いた部屋ではストールなどを使って首や肩を保温する、ぬるめの風呂にゆっくり入る、適度な運動を習慣化することなどを心掛けましょう。また、腹式呼吸をするとリラックスできます」(五十嵐先生)

読書や編み物などで同じ姿勢を続けているときは、こまめに休憩を取って、歩いたり、ストレッチをしたりしましょう。

  

【原因】

◎首や肩周辺の筋肉のこりや張り
◎ストレスが影響する場合も

緊張型頭痛に関係する主な筋肉

028S_ひざ痛頭痛25+25.jpg

首や肩周辺の筋肉が常に緊張していると、痛みを感じる神経が刺激され、緊張型頭痛が起こります。

  

あなたの頭痛はどんな頭痛?
セルフチェック!

□同じような痛みがときどき、 またはほぼ毎日起こる
□締め付けられるように重く痛む
□頭全体、もしくは後頭部や首筋が痛む
□家事や仕事は何とかできる
□動くと痛みが軽くなることがある
□吐き気はなく、 光や音に敏感になることもない
□頭痛のときはいつも肩や首のこりがある

当てはまる項目が多いほど「緊張型頭痛」の疑いがあります

28-41緊張型.jpg



□1カ月に数回、頭痛を繰り返す
□頭痛がひどくなるとズキンズキンと 脈打つように痛む
□頭の片側、あるいは両側が痛む
□家事や仕事をするのがつらく、できれば寝ていたい
□動くと痛みが増す
□吐き気を伴うことがある。光や音に敏感になる
□頭痛が起こる前に肩や首がこる

当てはまる項目が多いほど「片頭痛」の疑いがあります

28-42偏頭痛.jpg

次の記事:「今すぐ治したい!頭痛(2)手軽にできる「頭痛体操」で頭痛のもとをスッキリ解消」はこちら。

  

DMA-p28-ph2_igarashi.jpg
<教えてくれた人>
五十嵐久佳(いがらし・ひさか)先生
北里大学医学部客員教授、富士通クリニック頭痛外来。北里大学医学部卒業。専門は神経内科、特に頭痛の診断・治療。患者一人一人の症状に合った薬の使い方や対処法の指導に力を入れている。
この記事は『毎日が発見』2017年8月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP