脚のむくみがすっきり!女優・中田喜子さんが10年続ける「寝る前ストレッチ」

背筋を伸ばし、いつも爽やかな笑顔の中田さん。
毎日欠かさずしているストレッチが、元気の秘訣だそうです。
今回は、中田さんが寝る前に欠かさずおこなっているストレッチを教えていただきました。

1909p108_1.jpg

ドラマや舞台など女優として活躍するだけでなく、テレビのバラエティ番組にも出演して、中田さんは多忙な日々を過ごしています。けれど、お会いするときに、私たちスタッフにその大変さを感じさせることは決してありません。それどころか、常に明るく健康美にあふれ、周囲に元気を振りまいてくれます。その理由はどこにあるのでしょう?

「10年ほど前から、寝る前にストレッチをしています。お世話になっているピラティスの先生に教えていただいたポーズです」と中田さん。

ピラティスは、ドイツ人の元従軍看護師・ピラティス氏が、負傷兵の身体機能回復や精神の安定などを目的に発案した、世界に広く伝わるエクササイズ。体幹が鍛えられることから姿勢が良くなり、骨盤の歪みや肩こりなどの予防になるといわれています。その名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

今回教えていただいたのは、股関節周りと脊椎&肩甲骨周りの運動です。

「これをすると、翌朝、脚の疲れやむくみが取れています。それに、本当に細くなるんです。筋を伸ばしますから、腰の張りもなくなります」

さぼりたいと思う日はないのでしょうか?

「ありません。やらないと、翌日疲れが残ってしまって、脚がだるいし、体のあちこちが痛くなったりします。続けてきたおかげで、体の内側の筋肉もついてきました」

なるほど、継続は力なり。中田さんの若々しさは、毎日のこんな積み重ねから生まれるのですね。

「お風呂上がりにすることが多いですが、テレビを見ながらでもできますよ。番組の途中でコマーシャルが流れるでしょう? その時間はほとんど15秒、30秒ですから、体を動かしている時間を時計がなくても計れるんです。リンパドレナージュといって、リンパ液の流れを活性化し、老廃物が体の外に排出されるのも感じられます。気持ちがいいですよ」

肩甲骨と背中のストレッチ

肩甲骨と背中のストレッチは肩こりと腰痛予防です。左右を2回ずつ!

1909p109_1.jpg

1.右脚を立てひざにして座り、左手で右脚の外側をつかみ、立てていたひざを前に伸ばしていく。

1909p109_2.jpg

2.背中を丸め左側の肩甲骨を意識して伸ばす。1~2を2回繰り返す。

②股関節の運動

脚の疲れやむくみが取れる、股関節の運動。2~3セットですっきり!

1909p109_3.jpg

1.左腕を枕に寝転がり、右脚を上げ、足首を直角にしたまま、前方向に2回、後ろ方向に2回小さく回す。

1909p109_4.jpg

2.上がっている右脚のかかとを、左脚の内側をなぞりながら、写真のように手前方向に移動させる。

1909p109_5.jpg

3.最後に右脚を上に上げる。寝転ぶ向きと手脚を左右逆にして、1~3の動作を繰り返す。

いつまでも美しく健康的!中田喜子さんのそのほかの記事はこちら!

取材・文/飯田充代 撮影/齋藤ジン

 

<教えてくれた人>
中田喜子(なかだ・よしこ)さん

女優。18歳でデビュー。以来、テレビドラマや舞台で活躍。20年以上続くTBS系ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』では三女・文ふみ子こ 役を好演。ほかにも出演ドラマは100本を超える。TBS系番組『プレバト‼』では、自作の俳句を披露し話題を呼んでいる。

この記事は『毎日が発見』2018年5月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP