日本経済は安全?危ない?投資デビュー前に知りたい国の借金状況

老後資金のために「投資」を考えているけど、ちょっと怖い...そんな人にまず知ってほしいのが「金融のイロハ」です。そこで、資産運用のプロ・山崎元さんに、金融知識が全くない大橋弘祐さんが質問する形式で分かりやすいと好評の著書『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(文響社)から、投資の初心者が知っておきたい「投資と貯蓄の疑問」をお届けします。

pixta_20300281_S.jpg

日本経済ってやばいの?

――先生。日本国債って日本の借金なんですよね。そんなの買って大丈夫なんですか?

国債について分かる『「絶対損したくない!」そんな人にプロが薦める「定期預金よりマシ」な運用法」はこちら

どうして、そんなふうに思うの?

だってほら、よく見かけるじゃないですか。日本は借金が1000兆円もあるから、借金が返せなくなって、国が破綻するってニュース。ギリシャみたいに破綻するってことだってあるんじゃないですか?

ギリシャはまだ破綻していない。破綻しそうになっただけ。(2015年9月時点)それに、日本が多額の借金しているのは事実だけど、ギリシャとはだいぶ状況が違う

どう違うんですか?

日本国債の買い手ってほとんどが日本国民だから、もし日本が国債の借金を返せなくなったら、お金をたくさん刷って、国民に返せばいいの。でも、ギリシャの場合は他の国からお金借りてたし、使っているお金がユーロだから、お札刷って返すってことができない(図2)

035-002-025.jpg

そんなことして、大丈夫なんですか?

まあ、そうなったらインフレになるだろうね。でも、そもそも日本ってそんなに悲観するほど危険じゃない。リーマンショックで世界の金融市場が混乱したとき、世界の投資家たちが安全資産として買ったのが『円』だった。日本は他の国と比べて相対的に安定している。もちろん日本国債が絶対安全だとは言えないけど『日本経済が破綻するまではかなり先』と考えといていい

そうなんですね......

みんな『国がなくなる』っていうニュースが好きなの。だから中国と戦争になるとか、日本経済が破綻するとか、危機を煽る人たちがいて、『日本崩壊』『金融破綻』なんて言葉がテレビや雑誌に出る。そうすると、今度は金融業界の人たちが、日本円を持っているのは危険だからと、日本が破綻しても安全な金融商品を勧めてくる。それで、君みたいに心配症な素人は、言われるがまま買ってしまう。でも、そんなの壷と一緒だから

壷、ですか......

そう、壷。『あなたには悪い霊が憑いています。だからこの壷を買ったほうがいいです』って売りつけてくるのと一緒。心配させといて高いもの売りつけるのは商売の常套手段だから気をつけて

は、はい......


[まとめ]
・日本は多額の借金をしているが、国の財政が破綻する可能性は極めて低い。
・「財政破綻」などのニュースに動揺して、怪しい金融商品に手を出さないようにする。


金融知識ゼロでも理解できる「お金の増やし方」記事リストはこちら!

035-okane.jpg5章にわたって国債や投資信託、NISAに年金に至るまで、資産運用の基本のキを解説。実際にネット証券の口座開設法も写真で紹介されて分かりやすい

 

山崎元(やまざき・はじめ)
1958年、北海道生まれ。経済評論家。専門は資産運用。楽天証券経済研究所客員研究員。東京大学経済学部卒業、三菱商事に入社。野村投信、住友信託、メリルリンチ証券など12回の転職を経て現職。著書に『学校では教えてくれないお金の授業』(PHP研究所)など多数。

大橋弘祐(おおはし・こうすけ)
作家、編集者。立教大学理学部卒後、大手通信会社の広報、マーケティング職を経て、作家に転身。著書に『SURVIVAL WEDDING』(文響社)など。

shoei.jpg

『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』

(山崎元・大橋弘祐/文響社)

「投資」って興味はあるけど、どうやったらいいのか分からない。そんな「お金のド素人」代表が、東大卒で外資系証券や保険など金融12社を渡り歩いた「お金のプロ」に、なるべく安全なお金の増やし方を聞いた、初心者向け投資解説本。プロと素人の会話形式でまとめられているので、金融知識ゼロから投資を始めたい人にうってつけです。

※この記事は『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(山崎元・大橋弘祐/文響社)からの抜粋です。
PAGE TOP