迫る消費増税に備えて!プロに聞く「知らないと損する景気対策」

2019年10月より消費税率が8%から10%に引き上げられます。「消費税が上がると家計の負担が増えることが予想されます。景気対策や制度を上手に利用するコツを、1級ファイナンシャル・プランニング技能士の風呂内亜矢さん、消費生活ジャーナリストの岩田昭男さんに教えてもらいました。

国は負担を緩和する対策を実施

消費税が10%に引き上げられることによって国の税収が増えます。その増税分を使って、景気の悪化を防ぐために、さまざまな対策や制度が実施される予定です。以下に説明する『ポイント還元』が受けられる期間は、2019年10月から2020年6月までの9カ月間限定。「増税分を取り戻す良い機会だといえます」(岩田さん)。

1909p028_3.jpg

■ポイント還元

買い物をして現金払い以外の方法で支払った場合、支払額に応じて5%や2%のポイント還元が受けられる。
※資本金5,000万円以下、または従業員50人以下で、過去3年間の課税所得の平均が15億円以下の店舗。また、経済産業省による加盟店登録をした店舗のみ。全ての店舗が対象となるわけではありません。

■軽減税率導入

消費税が10%に引き上げられた後も、毎日の生活に必要な飲食料品などは、8%のまま据え置かれる。家計の負担を減らすために実施される。

■プレミアム付商品券

住民税非課税世帯や小さな子どもがいる世帯などが対象。25,000円分の商品券を20,000円で購入でき、自治体内のさまざまな店舗で使える。

■年金生活者支援給付金の支給

【ほかにもこんな制度が!】

●自動車税の軽減
●環境性能割の導入・軽減
●幼児教育・保育の無償化
●住宅ローン減税の拡充
●すまい給付金の拡充
●次世代住宅ポイント制度

「自動車税の軽減、環境性能割の導入・軽減」は自動車税の引き下げと、新しく導入される環境性能割の税率が1年間、軽減される制度。「すまい給付金の拡充」は一定収入以下の住宅取得者に最大50万円を給付する制度。「次世代住宅ポイント制度」は、基準を満たす住宅の新築やリフォームに対し商品と交換できるポイントを発行。

『年金で心豊かに暮らす!』その他の記事はこちら!

取材・文/松澤ゆかり  イラスト/イイダミカ

 

<教えてくれたのは>

風呂内亜矢(ふろうち・あや)さん

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者、宅地建物取引士。テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。近著は『ケチケチせずに「お金が貯まる法」見つけました!』(三笠書房)。

岩田昭男(いわた・あきお)さん

消費生活ジャーナリスト。NPO法人「ICカードとカード教育を考える会」理事長。月刊誌記者を経て、クレジットカードについては30年にわたり取材を続けている第一人者。著書は『キャッシュレス覇権戦争』(NHK出版)など。

a3f5dcda01ce87cf7cc969506fd62bd43909491c.jpg

『定年一年生の教科書 定年後も働く!勝ち組アルバイト』

(KADOKAWA)

もうすぐ定年を迎える、定年を迎えたばかりのシニア世代に向けたコミックエッセイ『定年一年生の教科書』シリーズより、シニアのアルバイト事情をまとめた一冊が登場。時間はたっぷりあっても、お金がなければ楽しめない定年後。男性・女性を問わず当たり前となりつつある、シニア世代のアルバイト事情についてを解説します。イマドキのアルバイト事情からタイプ別お仕事カタログまで、使える情報をわかりやすく網羅。読むうちに、勝ち組シニアアルバイターになるためのノウハウがしっかり身につきます。

この記事は『毎日が発見』2019年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP