「親失格! PTAのためなら仕事辞めろ!」って...超理論を振りかざすママ友の電話に唖然

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:とらとら
性別:女
年齢:53
プロフィール:アラフィフの兼業主婦。仕事柄昔からパソコンは得意な方です。

35.jpg

私は今年53歳になる兼業主婦です。

これはまだ息子(現在19歳)が小学生だった頃の話です。

私は結婚して妊娠出産をした後も仕事は辞めず、フルタイムの社員として働いていたので、小学校のPTA会議にはなかなか出席することができずにいました。

もちろん、いつも申し訳なくは思っていたのですが、とある休日に事件が起きました。

その日、ご近所で息子と同級生のAというママさん(当時30歳くらい)から、私の家に急に電話がかかってきたのです。

Aさんとは学校やごみ捨ての際に顔を合わしたときに軽くあいさつを交わすくらいで、仲が良いというわけではありません。

「電話だなんて変だな?」とは思いつつ要件を伺ったとたん急にAさんから「いい加減PTAに出なさい!」と電話越しに怒鳴られてしまいました。

驚いた私は思わず受話器を取り落としそうになりましたが、なんとか両手で握り直し、そのままAさんの話を聞ききました。

どうやら私がいつもPTAの会議に出席していないのを知ったAさんが、文句を言いたくて電話をしてきたようです。

「子どものことで親がPTAに参加するのは当たり前で義務! 何もできないなら親失格! 仕事なんて辞めてしまえ!」

Aさんの言い分はそんな感じで、かなりご立腹のようでした。

しかし、親失格とまで言われては、私も黙ってはいられませんでした。

30分ほどAさんの言い分を聞いた後、少し落ち着いた様子を見せたAさんに対し、努めて冷静に私が何もしていないわけではないことを伝えました。

実は私、パソコンが苦手でPTAの資料が作れなかった当時のPTA会長さんにPTA資料の作成を頼まれていて、引き受ける代わりに会議の出席の免除を頂いていたのです。

しかし、Aさんはそれを知らなかったようで一度「そうなの...?」と呟きました。

さすがに、これ以上は言ってこないだろうと思ったのですが、その後「なら早く言いなさいよ! それにあんただけずるいわよ!」と逆切れ。

謝罪はなかったとしても、電話を切ることができると思っていた私は「ダメだこりゃ」と受話器を片手に天を仰ぎました。

結局、そのあとも30分ほど「ずるい!」やら「パソコンができるからって威張るな!」などとネチネチ言われた私。

ようやく電話を切ることができたとき、洗濯物を取り込む気力がなくなっていたのを覚えています。

幸いにも、その後AさんからPTA会議について直接言われることはありませんでしたが、今でも思い出してはため息が出る経験です。

関連の体験記:ママ友宅で子ども同士がベネチアングラスを...! その後、深夜に届いた理不尽な「弁償して」メール
関連の体験記:なんで私が? 何度断っても自分の不倫相手に会わせようとするママ友がウザすぎる...!
関連の体験記:「あなたの収入はいくら?」ネット起業の成功でドヤるママ友、会うたびにこの質問をしてきて...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

PTAって義務ではないのに、参加してる人は参加してない人を『ズルイ』と言いますよね(笑) 損得でやるくらいなら参加しなきゃ良いのに。 とんだとばっちり。 子供のためって言葉を印籠みたいに振りかざして、、PTAに参加するために子供を託児所に預けたり仕事休んだり… PTAに興味ない人にとってはデメリットしかないでしょ。 価値観の押し売りはやめてほしい。 私は今乳幼児2人だけど、この先PTAやらに参加するつもりはありません。 ただ、何かの準備で人手が足りない時にお手伝いするのは全く構わない。 PTAの必要性やあり方、もう一度見直すべきですよ。
PTAの是非はさておき(ほんとうに役立っている地域も、親を苦しめている地域もあるので)、Aさんは非常識ですね。たぶん別の場所で別の案件でも色々やらかしているでしょう。早めに気づいて離れられてマシだった、と思うしかないですね…。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP