聞いている私の気持ち、考えたことある?母のマシンガントークに戸惑う/なとみみわ

思い立ってお母さんが一人暮らしをしている実家に帰ることにしたなとみみわさん。

直前でお母さんが面倒くさがるところをなんとか押し切って地元の駅に到着。

でも、思わぬところに地雷が...

前回のエピソード:母の地雷が分からない...。機嫌良くしていたのに意外なポイントで激怒


久しぶりのふるさとなので、駅から家までゆっくり歩いて帰ることに。
小さい頃は毎日、学校から帰っていたばあちゃんの家にも寄って行こう。
昔からある建物や同級生の家を確認するたび蘇る思い出たち。
それとは逆にあったものが無かったり、形を変えていたり・・・
懐かしさと切なさで、もう胸パンパン。いまにもはち切れそう。

心はもうノスタルジー。

やっぱり田舎はいいなあ・・・と思いながら家にたどり着いたら・・・

帰省3-1A (1).jpg

「タクシー乗って帰っておいで」という母の申し出を確かに断った形に・・・
で、でも・・・そこそんなにこだわるポイントかなあ・・・

ほんと、変なところでひっかかる・・・
じゃあもうこういう時は・・・

帰省3-2A (1).jpg

母のことでばあさんに愚痴ると、いつも言ってくれた言葉が
「大丈夫。子を思わない親はいないのよ・・・」
でした。

今回の帰省中も、ばあさんのこの言葉に何回も救われました。

私は毎回母に
「少しでも私のことを思っていて欲しい、心配してて欲しい、興味を持って接していて欲しい・・・」
なーんて願ってしまいますが、もしかしたら母も、私に対してそう思っているのかもしれませんね。

「もっと私の事を知って欲しい、話を聞いて欲しい、もっと側にいて欲しい」

まったく人っていうのはいくつになっても欲しがりますね(笑)
やっぱり母の根っこには「孤独」がはびこっているのかもしれません。

続く

関連記事:「自分の親の面倒人に押し付けてんじゃないよ!」ついに夫に怒り爆発

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

なとみみわ

雑誌編集社の勤務後、テレビ制作会社に勤務。子育ても終わり趣味であるマンガを描きつつイラストレーターに加齢(?)なる転身を遂げる。livedoor公式ブロガー。

なとみさんのブログ:あっけらかん

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP