認知症が進行して「でも」ばかり言う義母。それは大切なモノを守るために必要で.../バニラファッジ

認知症のお義母さんと、手足は不自由だけどしっかり者のおばさん(義叔母)の二人を在宅介護するバニラファッジさん。今回は、「認知症が進行してからは全てがアンチになったお義母さん」をご紹介します。

【前回】認知症の義母が私に「ねぇ、おばちゃん」!? さらに故人の両親の行方を聞いてきて.../バニラファッジ

【最初から読む】姑と姑妹を在宅介護。両者の「紙おむつ」にまつわる葛藤/バニラファッジ

114-1.png114-2.png114-3.png114-4.png114-5.png114-6.png

もともと人の意見にすんなり従わないところがあったお義母さんですが、認知症が進行してからは全てがアンチになってしまいました。

おそらく全ての事象をどうしていいのか、自分では決定できなくなってしまったのだと思います。

今日は暑いのか? 寒いのか?

トイレに行くべきか? 行かざるべきか?

しかし、判断できない自分を家族に知られてはいけないと思っているようで、こういった相手の考えを否定することで、自分の意志や尊厳を守っているように感じました。

お義母さんがすんなりと介護人の言葉に甘えるようになるのは、もう少し先のことでした。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

夫と3人の子ども、義母と義母の妹(おばさん)の7人家族の日々を描いた大人気ブログ「7人家族の真ん中で。」の管理人さん。身体は丈夫だけれど、認知症で毒舌な義母(2016年に他界)と、頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車いす生活のおばさん(2015年に他界)との「在宅介護の日々」を、あれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』など。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP