認知症の義母が私に「ねぇ、おばちゃん」!? さらに故人の両親の行方を聞いてきて.../バニラファッジ

認知症のお義母さんと、手足は不自由だけどしっかり者のおばさん(義叔母)の二人を在宅介護するバニラファッジさん。今回は、「お義母さんの様子がおかしいときは...」をご紹介します。

【前回】ショートステイでの出来事を話し、涙声になる義叔母。その時の夫の言葉が心強かった!/バニラファッジ

【最初から読む】姑と姑妹を在宅介護。両者の「紙おむつ」にまつわる葛藤/バニラファッジ

おばさんから「呼び出しコール」があり、様子を見に行くと...
114-1.png114-2.pngお義母さんが、部屋中のティッシュを集めて独り占めしていました。

114-3.png114-4.png

お義母さんの中で何かが起きているようだ。

事を荒立てないよう慎重に声をかけてみる...

114-5.pngどうやら食べ物のようだ。

114-6.png

お義母さんのことを馬鹿にしたり叱ったり追いつめたりせず、ゆっくりほどいていきたい。

トレーをどかし、ティッシュの箱を1個ずつバラしていくと途中からお義母さんの様子に変化が表れて...

114-7.png114-8.png114-9.png114-10.png114-11.png114-12.png

お義母さんは自分が不穏な言動をしてしまった時、お父さんとお母さんのせいにして泣きました。

以前は、ご両親が死んだことは言わないほうがいいのかと思う時もありましたが、泣くことでお義母さんがストレスを発散しているようにも感じました。

なので、聞かれればそのまま答えることにしました。

泣いたら少し元気になるのは若者も高齢者も一緒かなと思っています(笑)

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

夫と3人の子ども、義母と義母の妹(おばさん)の7人家族の日々を描いた大人気ブログ「7人家族の真ん中で。」の管理人さん。身体は丈夫だけれど、認知症で毒舌な義母(2016年に他界)と、頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車いす生活のおばさん(2015年に他界)との「在宅介護の日々」を、あれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』など。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP