地震発生! その時、私が咄嗟に心配したのは憎いはずの不倫ゲス旦那のことで.../オキガネ

これは今から約10年程前、脱サラして居酒屋を始めた大将とその妻である女将に起こった出来事です。

現在の私は離婚して一人暮らし。近くに住む孫たちと楽しい日々を過ごしております。

【前回】不倫ゲス旦那の体を気遣う私。この行為は愛なのか? それとも...?/オキガネ

【最初から読む】夫のリストラから夫婦で居酒屋経営へ。順風満帆だった我が家に忍び寄る影/オキガネ

夫婦仲は極悪でも生活の為にまだ居酒屋で働いていた頃、大きな地震がありました。

私は前日珍しく早く家に帰って来て早くに寝ていました。

地震の直前に目が覚めてトイレに行き、布団に入るとスマホのチェックをしてもう一度寝ようと思っていました。

その時突然グラッと大揺れ!

咄嗟に地震だと思い布団から飛び出したところ、身体が安定せずに柱の角で腕を擦りむきました。

sketch-1651974924342.jpg

その後ぐわんぐわんと回るように大きく揺れたように感じました。

直後にアラームが鳴りました。

あちこちで、がしゃんがしゃんと物が落ちる音がしました。

sketch-1651934116567.jpg

実際は数秒間なのでしょうが、かなり長く感じて恐怖しかありませんでした。

揺れが収まってハッと我に返った私は、旦那は帰って来ているのかしらと、一階の旦那の部屋を見に行きました。

すると、何故かドアは10cm程しか開かずに隙間からは本棚がベッドに倒れているのが見えました。

sketch-1651930320036.jpg

焦った私は部屋の中に向かって 散々叫んだ挙げ句、ふとあることに気付きました。

帰って来ていれば玄関に旦那の脱ぎ散らかしたサンダルがあるはずです。

サンダルはありませんでした。

そこで始めて私はマナーモードにしていたスマホを確認すると、娘達と旦那からものすごい数の電話が入っていました。

長女は直ぐに連絡入れたのに返信がないから私に何かあったのではないかと心配したといってました。

次女は当時は会社員でしたから本人も出勤難民で大変なのに心配してくれていました。

地震直後に旦那の安否が気になって直ぐに階下に降りてじたばたしてたのよ、とは言えず。

その後、旦那が電話に出ない私を心配して店から帰ってきました。

sketch-1651925070133.jpg

ごめん、娘達と連絡してた。

そういうと旦那はほっとした顔をして、心配したと言いました。

本当に?どうせ先に彼女に連絡取ってたんじゃない?

そんなひねくれた気持ちがよぎりましたが緊急事態なので本心だと思うようにしました。

とりあえず、旦那は店に戻り片付けをすると言い、私は家を片付けると手分けしました。

何にせよ、命があって良かったなと思いました。

後で入れるようになった旦那の部屋を見たのですが、本棚は倒れて棚に入っていたすべての物が旦那のベッドに落ちていました。

これって当たりどころが悪かったら、死んでた...?

ぞっとした出来事でした。

地震から数日後、店から家までの往復以外を歩きました。

それは店から駅前までの商店街だったのですが、歩道が所々隆起して歩道と車道の間にある車止めがナナメに傾いていたりするのを目の当たりにして地震の凄さに驚きました。

sketch-1651846927598.jpg

商店の一部はガラスが割れた様子で、シートが張られていたり、ガムテープで目張りされていました。

近所の同業者の中にはコレを機に廃業される方もいると、情報通の旦那から聞きました。

それを聞いて、「辞められるものなら辞めたいわぁ」と旦那に言いました。

旦那は苦笑いしていましたが。

まぁそりゃそうよね。

まだまだタダで働いて貰わないといけないものね...。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

okigane(オキガネ)

​サラリーマンだった旦那がリストラされたのを機に始めた居酒屋で約20年女将を勤める。 3人の子ども達も成人してさあこれからという10年前にまさかの旦那のW不倫発覚! すったもんだの挙げ句約40年連れ添った旦那とこの度めでたく離婚して、今はパートしながら気ままな独り暮らしを満喫中。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP