段差だらけだった和式トイレが生まれ変わった! 我が家のバリアフリー化の第一歩/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。

ここに書いてきた13年間の記録をもとに今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

【前回】ついに始まったトイレ改修工事。現場を「偵察」しに来る義父にヒヤヒヤ/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

やっとトイレの改修工事が終了しました。

Before...画像が悪くてごめんなさい。

1.jpg

After

2.jpg

いやぁ。ここにたどり着くまでホント大変でした。

設計の段階で

3.jpg

と、福祉用具担当者から勧められましたが

近い将来、全面リフォームか建て替えを考えていた我が家。

和式→洋式の改修は急務ですが、そこまで本格的に直す気はありません。

4.jpg

親の介護が始まると、介護者の人生設計はなかなか思い通りに行きません。

私たち夫婦の場合、家をどうするかが一番の懸案事項だったのですが、出来れば夫が現役の間に進めたい家の改築も、ここ数年棚上げ状態になっておりました。

結局、経費削減のためトイレ入り口は既存のドアを残すことに。

5.jpg

写真でも分かるように和式トイレは1段上がる構造になっています。

洋式トイレを設置するにはこの段を削り、床をフラットにせねばなりません。

また、入り口もトイレ側が4センチほど低くなっているのです。

6.jpg

ドアは替えなくても、この二つの段差は解消せねばなりません。

和式便器は段差と共に撤去。

トイレの床を洗面所の床と同じ高さまで上げ、洗面所の入り口の敷居も撤去しました。

玄関前の廊下からトイレまでをフラットにするのはなかなかの大工事です。

7.jpg

業者さんはかなり苦労していたようですが、4日間の工期を経て、見事トイレが生まれ変わりました!

これで義父のトイレ問題も何とか解決するかしらん

...と、思いきや

8.jpg

問題は義父が『立って用を足す』こと。

和式トイレならいざ知らず2階の洋式トイレを使う時も立ったまま『いたす』ものだから飛び跳ね被害がおびただしいのです。

案の定、新しくなったトイレも立ったまま。

夫や息子はとうに座ってやっているというのに...。

9.jpg

何度懇願しようとも、昭和ヒトケタにひとたび染みついた習慣は、簡単に改まるものではありません。

10.jpg

11.jpg

はは...。

私も人のことは言えませんけどね。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP