【52歳の老化現象】少し無理をすると奥の方がジーン...ああ、趣味も楽しめない年齢ってつらい!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みけ
性別:女性
年齢:52
プロフィール:両親と同じ敷地内に住んでいる52歳の自営業。

33.jpg

高校生の頃から視力が悪くなり、卒業して就職する際にはコンタクトレンズを着用していました。

その後も順調(?)に視力は落ちていき、5年前の病気療養中にパソコンとスマホをやり過ぎて、とうとう0.01以下になってしまいました。

仕事を再開してからはパソコンとスマホの使用頻度も少なくなり、何とか現状維持していると思います。

そんな私の唯一と言っていい趣味は、皮肉なことに読書です。

小学生の頃からの趣味で、これだけはやめようとか時間を減らそうとか思えません。

夜、寝る前には少しの時間でも読みますし、休みの日にはありったけの時間を使って読むのが当たり前でした。

母も読書が好きで、一緒に図書館に通い、良かった本の情報交換も日常的にしています。

老眼はあっても視力は悪くない母ですが、数年前から「目が疲れやすくて思うように本が読めなくなってきた」と口にするようになりました。

目が疲れている自覚はないのだけれど、読み始めて30分くらいたつと目の周りの筋肉が固まったように感じて、ひと休みしてマッサージなどをしないと読むのが辛くなってくるようです。

私も目が悪いため、疲れを感じることはあります。

でも、読めなくなる感覚は分からなくて「へぇ~そうなんだ」と、生返事をして何となく聞き流していました。

ところが、2021年の11月頃から、母の言っていたことが分かるようになりました。

いつもと変わらず休みの日に「読むぞ!」と気合いを入れて本に向かったある日。

まだ2時間くらいなのに目がジーンとし始めました。

「おかしいな?」と思いながら読み続けていましたが、文字を追うのがキツイ。

仕方なく読むのを中断してこめかみや目の間をマッサージしました。

同じことを何度か繰り返しましたが、その日は特別に疲れていたのだと都合よく考えていました。

しかし、そうではなかったのです。

それ以降は毎回、2時間くらい読書をすると目がジーンとしてしまい、酷いときには目の奥に軽い痛みを感じるようになってきたのです。

眼科に行ってみたところ、疲れ目で問題はないと言われましたが、医師に「年齢的にも今までと同じように酷使しちゃダメ」と言われたのがショックでした。

52歳という年齢を考えれば納得の言葉ですが、改めて突き付けられると複雑。

「酷使してないもん」とささやかに抵抗して長時間の読書を試みてみたものの、仕舞にはコンタクトレンズも乾いてしまい、読書どころではありません。

現実は残酷でした。

ようやくあきらめて読書は短時間に区切り、目を休めるため温めたりマッサージをしたりするようにしました。

読みたい気持ちに目が付いてきてくれなくなったことを実感して、自分も年をとって来たなと改めて感じています。

人気記事: エアコンなしで寝た夫の「悲惨な話」に奮起! アラフィフ主婦が調べた「エアコン」活用術《中島めめ》
人気記事: 《漫画》女性を見下す80歳の義父。町内会の集まりで私の切迫早産を笑い話にした結果<前編>
人気記事: 《漫画》自分のミスはヘラヘラごまかす20歳年上の神経質夫。それを見た娘が鋭い一言を!<前編>

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

意地張ってないで年齢や衰えを受け入れて電子書籍で文字を大きくするとか工夫してみてはいかがでしょう。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP