不倫相手へのホワイトデーお返し? 3月14日付の花屋さんの領収書を見つけて、さてどうする/オキガネ

これは今から約10年程前、脱サラして居酒屋を始めた大将とその妻である女将に起こった出来事です。

現在の私は離婚して一人暮らし。近くに住む孫たちと楽しい日々を過ごしております。

【前回】不倫相手には服、私の誕生日プレゼントはケーキ1つ。これでご機嫌取りとは...!/オキガネ

【最初から読む】夫のリストラから夫婦で居酒屋経営へ。順風満帆だった我が家に忍び寄る影/オキガネ

旦那は閉店後に知り合いの店に飲みに行く事がたまにありました。

私は先に片付けてさっさと帰ってしまうので、その後に行くみたいです。

真夜中にもかかわらず。

なぜ私がそういう事を知っているのかというと、休憩室に置いてある旦那のバックの中には財布が入っており、領収書がパンパンに入っているからです。

最初は夫婦でもそんなの覗いちゃダメでしょっていう良心みたいなものもありましたが、旦那の私に対する仕打ちに比べればそれくらい可愛いものだと思い、抵抗なく覗くようになりました。

sketch-1645361916218.jpg

旦那も真剣に隠す気があるならば、私に簡単に見られてしまう所には置かなければ良いのにと思います。

ようするにワタクシ、旦那に完全に舐められていますので(笑)。

さて、本題に戻ります。

ある日のこと。

私が抵抗したのにもかかわらず、旦那はお客さんとして来ていたゴルフ仲間と行きつけのスナックに飲みに行きました。

sketch-1645618780267.jpg

何故抵抗したのかと言うと、お休みの日やその前日ならばともかく、週末の次の日も忙しいであろう日だったからです。

sketch-1645626890958.jpg

ま、それはいいとして。

いや良くないけど(笑)。

後日、その領収書ともう一枚怪しい領収書が出て来ました。

そちらの領収書は3月14日付でした。

はい、お分かりですね。

ホワイトデーです。

旦那が浮気をして以来、勿論私はバレンタインをあげてません。

そして、娘達も。

ただ事情を知らないバイトさんは毎年旦那にバレンタインのプレゼントを贈ってくれます。

なので、その子にお返しのプレゼントを買った事は知っています。

で、旦那に聞いた訳ですよ。

「今年はバイトさん以外にチョコレートは貰わなかったの?」 ってね。

旦那の答えは、『バイトさんだけ』

...でした。

sketch-1645680997516.jpg

ほほう、ではあの領収書は何でしょうかねぇ?

近所のお花屋さんの領収書でしたけど?

勿論お店にそんなお花飾ってませんよね?

バイトさんは近日中には来ないから生花は無理だし、もし彼女にそれを買ってたとしても私に隠す必要はないものね?

そのお花屋さんの領収書の金額を見ると、小さな花束程度の価格でした。

知り合いがお店をオープンした時にお花を贈った事があるのでだいたいの相場は知っているけれど、それだと金額的に少ないし私にも言うだろうし。

どなたか入院してのお見舞い? だったら勿論それも言うだろうし。

やっぱりバレンタインに貰ったチョコレートのお返しの花束かしら?

もうそれしか考えられないな。

花束だけって事はないだろうから当然プレゼントは別に買ったのだろうなぁ?

いいな~~。

sketch-1645708398038.jpg

旦那にバレンタインのチョコはあげてないけど、私もお花欲しかったなぁ~~。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

okigane(オキガネ)

​サラリーマンだった旦那がリストラされたのを機に始めた居酒屋で約20年女将を勤める。 3人の子ども達も成人してさあこれからという10年前にまさかの旦那のW不倫発覚! すったもんだの挙げ句約40年連れ添った旦那とこの度めでたく離婚して、今はパートしながら気ままな独り暮らしを満喫中。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP