「ひえぇっ!」辛抱強い母を怒らせると大変! 父がリモコン操作を覚えなかったばかりに...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みけ
性別:女
年齢:52
プロフィール:両親と同じ敷地内に住んでいる52歳の自営業。

26.jpg

81歳の父と79歳の母の話です。

私は両親と一緒に食事をしています。

食事中はテレビのスイッチは必ずオンで、最初はニュースからです。

ニュースが終わる頃に食事が終わり、その後は父が大好きな時代劇の録画を見るのが日課となっています。

そして、このときだけは父が自分でリモコンを操作するのが、いつの間にかできた我が家のルール。

私の手から父にリモコンが渡されます。

しかし、困ったことにいつまでたっても父はリモコン操作が上手くできません。

父の指の太さに対してボタンが小さいのも原因ですが、一番の理由は父自身がリモコン操作を覚える気がないことです。

いくら私と母が教えようとしても、頑としてアドバイスを聞き入れず、正しくない我流の操作にこだわっています。

結局、あちこちとさまよった挙句「何だ? 録画されてねーのか?」と文句を言い始めるので、仕方なく私か母が操作してあげるのです。

そんな父にイラっとしている母は、根気よく教えながらも「ちゃんと覚えてよ!」と日々プチ爆発。

怒るくらいなら教えずに放っておけばいいと思うのですが、夫婦と親子では違うのかもしれません。

そうして、母がプチ爆発を繰り返していたある日のこと。

「だから、そうじゃないってば!」

「人の言うこと聞いてちゃんとやればいいんだよ!」

いつも通りブチブチ怒りながら母が教えていると、とうとう父も怒ってしまいました。

「うるせぇ! ちゃんとやってんだよ!」

思わぬ反撃にあって、一瞬、驚いた顔をした母。

でも、次の瞬間には本気で爆発して「じゃぁ、勝手にしなよ!」と、リモコンをテーブルに乱暴に置いてお風呂に入ってしまいました。

キレた父もそれ以上自分でがんばる気が失せたようで、その日は見たくもなさそうな番組を見て過ごしたのでした。

翌日、父が時代劇を見ようと相変わらずリモコンをいじり始めると、母がすました顔で言ってのけたのです。

「全部、消去したよ。自分で見られないのに必要ないでしょ?」

「ひえぇっ!」

ビックリしながら、念のために録画表を確認してみたのですが、本当に録画が一つ残らず消されていました。

今まで、父に小言や不満を言うのは日常茶飯事だった母ですが、実際に行動に起こしたのは初めてです。

私も心で悲鳴を上げたくらいですから、父は怒りで顔を真っ赤にして、とっさに何も言えませんでした。

しかし、母の行動がよっぽどこたえたらしく、父はようやくアドバイスを受け入れてリモコン操作を覚えようとしています。

結果的に母の行動は正しかった...のかもしれません。

関連の体験記:物を投げつけるほど激しい夫婦喧嘩! なのにすぐにラブラブ!? 友人夫婦の振れ幅に唖然...
関連の体験記:証拠は揃い、怒りが爆発! 不倫旅行土産の明太子が宙を舞い、夫が土下座した日
関連の体験記:離婚した私には理解できない...? ケンカばかりの両親に感じる「長年連れ添った夫婦の絆」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

怒るくらいなら〜、ってどういう考え方するとそうなるんですか?思い遣りなさすぎ。 勝手な思い込みでトラブル起こしているのはそういうところなんじゃないですかね。彼氏然り仕事然り。 それで相手のためにこんなにやってあげてるのにと思っているから尚質が悪い。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP