夫の不倫相手が「娘の名前」を知っていて気持ち悪い...! 夫のスマホの通知にショック/オキガネ

これは今から約10年程前、脱サラして居酒屋を始めた大将とその妻である女将に起こった出来事です。

現在の私は離婚して一人暮らし。近くに住む孫たちと楽しい日々を過ごしております。

【前回】私がいるすぐそばで、浮気女とおしゃべりする夫。稚拙な嘘やごまかしもバレバレで/オキガネ

【最初から読む】夫のリストラから夫婦で居酒屋経営へ。順風満帆だった我が家に忍び寄る影/オキガネ

色々と思い出しながらのお話ですので時系列がバラバラですが、今回は旦那の不倫が発覚してから数年後のお話です。

相変わらず私は忙しい時だけ店に出て、それ以外は休憩室に籠っているという日々を過ごしておりました。

ある日のこと、どうやらお客様がご来店されたようで、私は仕方なく休憩室から出ていきました。

さて厨房に戻ると、どうやら旦那はこちら(私の持ち場)に来てスマホを見ていたようです。

何故なら私の持ち場の棚に旦那のスマホがありましたので。

sketch-1642336755590.jpg

目の前にあるスマホのホーム画面を確認したかったのですが、近くに旦那がいるので諦めました。

旦那は私の持ち場にスマホを置きっぱなしにしている事を忘れているみたいで新しく入った注文に集中していました。

sketch-1642297843807.jpg

私も仕事を始めました。

すると暫くしてピポン!と調理している私の目の前で旦那のスマホから音がしました。

LINEに何やら新しい情報が入って来たようです。

私は調理や接客をしながらも益々それが気になりました。

sketch-1642300917584.jpg

お客様のご注文が一段落ついた頃、旦那はトイレに行きました。

しかしその時にはすでにスマホは私の前にはありませんでした。

どうやら旦那が充電をするために回収していたようなのです。

sketch-1642218633956.jpg

それじゃあ今がチャンスじゃない? と旦那の持ち場まで行って黒いカバーの付いた充電中のスマホを開きました。

勿論ロックが掛かっているので中まで見る事は出来ないのですが、ホーム画面でLINEの通知内容を一部見る事は出来ます。

あ、勿論私のLINEはホーム画面に出ないように設定してあります。

見られて困るような事はないのですけどね。

さてLINEの件ですが、やっぱり不倫女からでした。

明日もランチに行くみたいです。

しかし、待ち合わせの時間が書いてあるその前のセリフに腹が立ちました。

『さっき店の前を通ったよ。○○(次女の名前)ちゃん、店に入ってたね。明日は○○時に△△でランチね』

sketch-1642303827637.jpg

.........ですって!

別にランチに行こうが構わないけど(イヤ、構うけど)、不倫女には娘の下の名前を馴れ馴れしく呼ばないで頂きたいわ!

せめて、お嬢さんとかアバウトな呼び方出来ないのかしら。

なんで不倫女に私の娘を、まるで自分の娘のような呼び方されなきゃいけないの?

旦那が娘の名前を教えたのだろうけど、不倫女が知る必要ってあるの?

うちの娘の顔や名前まで知ってるなんて気持ち悪い!

てか、店の前を通ったって?

当然私が一生懸命働いているのも見えたでしょ?

私は基本無給なのよ?

貴女はいつも旦那に酒や食事を奢ってもらうのでしょ?

そのお金、私のお金だと言っても過言ではないのですけど?

なんて言葉が頭の中でどんどん溢れてきます。

悔しくて悔しくて腹が立ちます。

けど、私が全て知ってる事を旦那にバラしたらまた数年前に逆戻り。

だったらもう放って置くしかないのだけど。

あぁ、天罰が下らないかしら? 不倫女とゲス男に。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

okigane(オキガネ)

​サラリーマンだった旦那がリストラされたのを機に始めた居酒屋で約20年女将を勤める。 3人の子ども達も成人してさあこれからという10年前にまさかの旦那のW不倫発覚! すったもんだの挙げ句約40年連れ添った旦那とこの度めでたく離婚して、今はパートしながら気ままな独り暮らしを満喫中。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP