確実に多く飲み食いしても「割り勘」を迫るせこい知人。しかも会計時にこっそり...うそでしょ?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ラズベリージャム
性別:女
年齢:52
プロフィール:愛ネコ2匹と暮らし日々癒されています。50代にして再就職! 人生これからのアラフィフです。

71.jpg

私50歳、知人48歳、コロナ前にたまに2人で飲みに行く程度の仲でした。

彼女はお酒が大好きで何杯でも飲めるタイプですが、私はせいぜい2杯くらいしか飲めません。

ある日、いつものように飲みに誘われました。

その日はあまり元気ではなかったので(会いたくなかったのかも)、「あんまり飲めないから飲み放題とか無理だよ」と伝えて断ることにしたのですが...。

彼女との飲み会にこの頃からモヤモヤしていたので、あまり気乗りしていませんでした。

結局「私もそんなに飲まないから大丈夫」と諭され、しぶしぶ出かけることに。

待ち合わせをして2人で近所の居酒屋へ。

その店は飲み放題が2980円で、飲むつもりがない私は「飲み放題つけないけどいいよね」と念押ししました。

飲み放題は両方頼まないといけないからです。

彼女の了解のもと、2人で飲み始めてやっぱり私は酎ハイ2杯が限界、飲み放題にしなくてよかったなと思っていました。

一緒にいった彼女はすでに4杯ほど飲んでおり、最終的には6杯程のみました。

それでも飲み放題と同程度くらいやな、と考えていざお会計へ行きました。

私が代表で支払い8000円ほどでした。

結構飲んでいたからちょっと高かったな~なんて思い「8000円だったよ」と彼女に伝えたところ、渡されたのは4000円です。

ええ~と思いましたが何も言えずにその日はお開きに。

家に帰ってもどうしても納得ができなくて「ちょっと待って! なんで6杯も飲んだ彼女の飲み代を私が負担するのか!」とだんだん怒りに変わっていきました。

実は彼女との飲み会にあまり積極的でなかったのは、以前からちょいちょい同じことが繰り返されてきたからなんですよね。

その日は体調がイマイチだったのもあったと思います。

割り勘しか払わない彼女からお礼も何もないことに改めて気がつき、イラっとしてしまったのです。

私が頼んだのは2500円ほど。

食事代を入れてもそのくらいです。

彼女はお酒だけで3500円はかかっていました。

しかも、食事もたくさん食べるので多めです。

「今回もか~!」と毎回自分の飲み代も入れてきっちりと割り勘する姿にちょっと引いてしまいました。

彼女が嫌になった理由がもう一つあります。

会計を任せるときのやり方です。

彼女が先に支払いを済ませたときは、自分の分だけ割引クーポンを使用して、さらに全額のポイントを付けていたのを目撃したのです。

割り勘分はクーポンを使用する前の金額を割ってきています。

これを「不公平だ」と思うのは、私がせこいだけじゃないですよね!

そこまで仲の良い友だちでもないのに「そこまでする?」って気持ちになってしまいました。

それ以降は彼女と飲みに行くことも連絡をすることもありません。

おごることが嫌なのではなく、非常識さが嫌なのだなと思います。

数千円のことでイライラする自分も心が狭いのか、と思うと少し落ち込みます。

でも、お金に汚い人と会うのはもう御免なので、彼女とは一生会わないでおこうと決めています。

アラフィフになってまで嫌な人と会うのは人生の無駄だと自分に言い聞かせています。

少しくらい多く払っても「たくさん飲んだから多めに払うよ」の一言があったら、割り勘でも平気だったと思っています。

割り勘が嫌なのではなく彼女のお金の払い方が嫌だったのです。

私は自分がお会計するときは、1人だけクーポンを利用したりポイントつけたりはしないと決めています。

親しき仲にも礼儀ありですよね!

関連の体験記:えっ? 息子の誕生日でもドケチ!? 義母の徹底した飲食代の割り勘にドン引き...
関連の体験記:私、何やってるんだろ...我が家で「サッカー観戦」を楽しむ仲間を尻目に、独りたこ焼きを焼いていた私
関連の体験記:あれ? ポイントは独り占め? Go To Eatで予約してくれた友人と「定価で割り勘」にモヤモヤ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

友人と飲んで多めに飲んでるくせに割り勘が許せない!という方がセコいというか心が狭いと思うけど。その方のことが元々余りお好きでないのでしょう。 それでも出かけるのは多少なりとも楽しいからなのでは? 図々しいし割り勘が許せない人とはお出かけしなくていいと思います。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP