「中卒の嫁なんか認めない!」結婚式で愚痴を言っていた学歴主義の義母...しかし大どんでん返しが!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:とらとら
性別:女
年齢:53
プロフィール:アラフィフ兼業主婦。子どもは元気に育ってくれたらそれでいいと思っています。

34.jpg

今から30年ほど前の話ですが、私にはBちゃんという幼馴染がいて、子どもの頃はよく遊んでいました。

しかし、地元の中学を一緒に卒業し、市内の高校へ進学しようかという頃、Bちゃんは突然お父さんの仕事の都合で遠くに引越しを余儀なくされてしまったのです。

当時はまだインターネットも普及しておらず、パソコンや携帯を使ってのメッセージ等のやりとりなどは気軽にはできなかったので、文通のみで交流は続けていました。

そこからBちゃんとは直接は会ってはいなかったのですが、数年ほどたってから電話がありました。

「結婚するから式に出て欲しいの。もしよかったら友人代表スピーチもお願いしたいんだけど」

私は二つ返事で承諾し、喜んで式に出席させてもらいました。

結婚式当日、会場についた私はまず新郎新婦にあいさつしようと控室に入りました。

Bちゃんはとても綺麗でしたし、旦那さんもとても優しそうな方だったのですが、旦那さんのお母さんだけはかなり気になりました。

なんと旦那さんのお母さんは控室で、私もいるのに「中卒の嫁なんて!」とBちゃんのことをグチグチ言っていたのです。

新婦友人代表になる私にも、初対面だというのに「あなたは大学卒業されてるの?」と聞いてくる始末。

これは学歴主義の大変なお母さんだな、と感じました。

心配になった私はついBちゃんに「大丈夫?」と聞いてみると、Bちゃんは苦笑いしながら言いました。

「うん。大丈夫。もうすぐお義母さんも分かってくれると思うから」

もうすぐとはどういうことなのだろう? そう思いながら式場で座っていましたが、じきにその答えがわかりました。

新郎新婦のプロフィール紹介の時に、司会の方がプロジェクターに映し出される写真を見ながらBちゃんのことを「アメリカの大学をスキップで卒業された秀才」と説明していたのです。

そう、実はBちゃんが小学生のときに引っ越したのは海外でした。

Bちゃんは確かに日本での学歴は中卒ですが、アメリカのハイスクールに通い、そのまま向こうの大学もスキップで卒業したエリートなのです。

私がこそっと新郎の母親のほうを見ると「嘘、えっ? 海外っ?」と困惑している様子でした。

「今さら何を言ってるんだ。ごあいさつに来てくれたときにそう言っていただろう」

新郎のお父さんにも、そうたしなめられていたのが聞こえました。

「人の話は最後までちゃんと聞きなさいよ」と、内心ちょっとザマー見ろとすっきりした思い出です。

関連の体験記:する気ないよね!? 「結婚前提」が口説き文句の元カレに2度もフラれた散々な思い出
関連の体験記:みんなで同時期に妊娠・出産!? 数年かけて用意されたセルフプロデュース大好き女子の仰天プラン
関連の体験記:結婚式前日に大ゲンカした妻に「誓いのキス」でした些細なイタズラ。若さゆえ? 黒歴史? あの頃は幼稚だった...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP