「30歳を過ぎてまた子どもができたの?」妊活の末に妊娠した友人への無神経発言にブチっ!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:とらとら
性別:女
年齢:53
プロフィール:アラフィフの兼業主婦。最近早く孫の顔が見たいと思うようになってきました。

1.jpg

現在53歳の兼業主婦です。

これは私がまだ30代の頃のお話です。

私にはAさんという同級生の友人がいました。

Aさんは高校卒業後に就職して、20歳で職場の方と結婚しました。

20代前半でお子さんを一人出産していたのですが、その後は兄弟が欲しいと夫婦揃って言っていたのになかなか子宝に恵まれず、Aさんは妊活をあきらめずにずっと頑張っていました。

わざわざ最新の治療を受けに遠くの病院に通っているのも知っていました。

ときおり、つらいと泣いていたことも知っています。

どうにかできないものかと、私もAさんから子どもの相談を受ける度に思っていましたが、なんと30代に入った頃、Aさんはようやく第二子を妊娠したのです。

これに、私を含めた昔からの友人たちやまわりのママ友たちはみんな我がことのように喜んだのですが、ママ友Bさんだけは違いました。

「また子どもができたの? 30歳を過ぎて?」

ある日、BさんがAさんにそんなことを言っているのを耳にしました。

しかも学校のPTAの集まりのときに、他の親御さんがたくさんいる前でそのことを笑いながら言っていたのです。

Bさんはその2年ほど前に隣の県から引っ越してきた方で、Aさんがずっと妊活を頑張ってきていたことをあまり知りませんでした。

それにしても言い方というものがあるだろう!

私はついかっとなってしまい、気が付くとみんなの居る前でBさんに食って掛かってしまいました。

「授かりものにまたって何よ! そんな言い方はないんとちゃうの!」

普段あまり声を荒げたりしない私の声に周囲も驚いていましたが、一番驚いていたのは自分だったかもしれません。

私にとって大切な友人のAさんがそう言われたことはもちろんなのですが、Bさんがそのような内容の言葉を口にしたことが許せなかったのです。

実は、Bさんは産婦人科の看護師でした。

私たちの住む地域にある総合病院の産婦人科に勤めていて、他の友人やママ友の何人もがそこで出産を経験していました。

きっと不妊で悩み、苦労している患者さんの対応をしたこともあるだろうと思うと、言わずにはいられませんでした。

Bさんも、私の声や他の人の顔色などで自分が失言したことにすぐに気がついて、Aさんに謝っていたのは良かったですが...後味の悪い出来事でした。

関連の体験記:「女の子だったよ~亡くなったって」出産直後、我が子は亡くなった。夫はなぜか笑みを浮かべていた/chii
関連の体験記:みんなで同時期に妊娠・出産!? 数年かけて用意されたセルフプロデュース大好き女子の仰天プラン
関連の体験記:騒音にくわえマンション共用部に山積みの荷物...妊娠中の私が隣人相手にとった苦渋の選択とは?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

時代的に遅い妊娠だったのでしょうか?今は珍しくない年齢ですね。Bさんは子供が欲しくても授からなかったとか事情があるかもしれませんが酷いですね。その場で謝れる人でまだ良かったかな。
田舎ほど出産年齢が低いですからね。23区内だとまず言えない、言ったらほとんどのママさん敵に回しますよ、20年前でも。今でも農村部だと、19歳位で初産が珍しくないらしいので、そう言う人がいそう。やだやだ。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP