「キッチンにあふれる生活感」原因となっていたものを断捨離したら劇的に変化!?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:はおり
性別:女
年齢:58
プロフィール:専業主婦。子供は3人で、皆、独立しています。趣味は断捨離と猫と遊ぶこと。

24.jpg

私は58歳の専業主婦です。

子どもたちは3人。

皆20代で独立して、今は同じ年の主人と二人暮らしです。

子どもたちが独立したので、我が家の断捨離を決行しようと思い立ちました。

まず、子ども部屋です。

子どもたちの物は、本人たちの了解を得て、家具などを処分しました。

リビングにあるサイドボードや本、小物も、かなりの量を断捨離しました。

おかげで見違えるほどスッキリ!

最後にキッチンです。

そんなに物をため込んでいないつもりでしたが、見直してみると、食器が思った以上に多い事に気が付きました。

いる、いらないを選択して、お客様用の食器を普段使いにしてしまおうと考え、半分くらいの食器を処分。

食器棚の中身がスッキリして、まるでカフェのようになったと自画自賛です。

しかし、何かまだ生活感が漂っています。

何かな? と見回してみると、キッチンの流しの横につるしてある手拭きタオルが、生活感を醸し出しているのです。

キッチン用のダスターもなんだかなあ、という感じです。

しかし、これらを断捨離すると調理する時に手を拭いたり、食品を洗ったりするとき、手が濡れたままになり困ります。

ダスターもテーブルを拭くときに必要です。

どうしたものかと試案していると、思いついたのがキッチンペーパーでした。

手を拭いたり、テーブルを拭いたりするのを、すべてキッチンペーパー一枚で済ませれば良いと閃いたのです。

早速、ロールタイプのキッチンペーパーを買ってきて、冷蔵庫の横に100円ショップで買ったマグネットのキッチンペーパーホルダーを付けて設置。

調理するときに手が濡れたりしても、サッと拭けるので便利です。

テーブルを拭くときは、キッチンペーパーにアルコール消毒液をシュッっと吹き付けて拭きます。

衛生面でもこちらの方が良いと思いました。

主人は、キッチンタオルやダスターがないことに気が付きませんでした。

「あれ? またスッキリしたけど、何かした?」

キッチンタオルとダスターを排除してキッチンペーパーにしたんだと言うと、へえーと感心していました。

帰省した子どもたちにも好評でした。

「まるで、お店みたいで、おしゃれやんか」といわれ、大満足の私です。

キッチンタオルは毎日、洗濯していましたが、くたびれてくると買い替えないといけないし、ダスターも、熱湯消毒したり、買い替えたりする必要があります。

結局、手間やコストの面、何より衛生面を考えても、このやり方は間違ってないと自画自賛している私です。

関連の体験記:家事のイライラがある宣言で解消! コロナがきっかけで生まれた我が家の「新」家事ルール
関連の体験記:家事嫌いな夫も思わず手伝う! 大掃除なしで年の瀬はのんびりできる我が家の「プチ工夫」
関連の体験記:ブランドバッグはおばさんの印? 「バブルの遺産」を断捨離...さよなら、あの頃の私

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

エコじゃないしコスパは良くなさそうだけど。ペーパー使う人は増えましたよね。衛生的には良さそうだしどう選ぶかジレンマです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP