ショートステイから帰ってきた義父母。あれ? なんだか義母の様子がおかしい...?/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。

ここに書いてきた13年間の記録をもとに今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

【前回】みんなのおかげで実現できた! 感慨無量の次男の結婚式/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

次男の結婚式は無事終了。

翌日義父母二人もショートステイから帰って来ました。

1.jpg

2.jpg

案の定、義父は利用中の入浴は完全拒否。

普段利用しているデイサービスですら未だに入浴サービスを受け入れていないのですから

ほぼ想定内ではありました。

もちろん拒否する理由は『お風呂での粗相』。

3.jpg

それによって日々家族が苦痛を強いられていることは本人も十分に分かっているようですが、排便のコントロールが思うようにいかないことを「出ちゃうんだから仕方ないだろ」と開き直り、そして『なかったこと』と現実にフタをする毎日。

そんな家族に対する『甘え』と他人にみっともない姿は絶対に見せたくない『プライド』が相まって家以外での『入浴拒否』となるわけです。

ショートステイの感想を聞いてみると

4.jpg

こちらも想定内の返答でした。

プライドのみがうず高く難儀な義父のショートステイ継続利用は今後もかなり難航しそうな予感です。

さて一方義母はどうだったかというと、今回、彼女についても全く喜べるものではありませんでした。

6.jpg

帰宅の送迎車から降りる義母はいつもに増してフラフラ。

2人の男性スタッフに両脇を抱え上げられるようにして帰って来たのです。

居間までそのまま運んでもらい、椅子に座らせても

7.jpg

どんどん右に傾き、表情はうつろ。

顔色もあまり良くありません。

一体どうなってしまったのでしょう?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP