「金を全部盗っちまいやがって」だと!? 貯金を奪おうとする父をきっぱり拒絶!/ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです。

アルツハイマー型認知症になった実母・あーちゃんの介護を姉・なーにゃんとふたりでしています。

【前回】「え? その薬出してましたっけ?」認知症の母の状態を全く把握できていない医者に不信感/ワフウフ

【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

当時母と暮らしていた父・たんたんは、認知症になった母の面倒を見るどころか母の預金を取り上げようとしたり、お金がかからないように介護や通院の邪魔をしてきました。

認知症の診断書を手に入れたくてわざわざ母の糖尿病の通院について来た父でしたが、糖尿病の先生相手では目的が果たせませんでした。

そして、父は診察室を出るなり、

Image.jpeg

と言い出しました。

一度は母に「自分のお金は自分で持ちたい(=父が取り上げる)」と言わせることに成功したものの、その後「お金は娘達に預けている」と軌道修正されてしまった父。

なんとかしてまた「自分のお金は自分で持ちたい」と言わせようと必死です。

Image (1).jpeg

うんざりしてワフウフと姉が言い返すと、母も再び

Image (2).jpeg

とハッキリ意思表示をしました。

それでも納得がいかない様子の父は

Image (3).jpeg

としつこく食い下がって、母にそう言わせようとしましたが、母は最後まで父の言葉に惑わされませんでした。

これで母の意思を確認できました。

財布が別で父から生活費を貰っていない母の財産に父はなんの口出しをする筋合いもないというのに、どうしても母の預金を手に入れたい父は納得がいかない様子です。

Image (4).jpeg

と憎々しげに娘達に言い放ちました。

怒りで顔は真っ白になり、ピクピクと震えています。

目は血走ってギラギラ。

悪鬼のようです。

そんな父にワフウフは、

Image (5).jpeg

と優しく言いながら父の腕をぽんぽんと叩いてやりました。

スッキリしました。笑

昔から

「お前らは僕の言うことを黙って聞いていれば良いんだ!」

と、母にも娘達にも威張り散らしてきた父。

強く出さえすれば自分の言う通りにするだろうと思っていたのでしょう。

そして、認知症になってしまった母ひとりであれば言いくるめるのは簡単だったかもしれません。

ですが、母には独り立ちして強くなった娘達がついていました。

認知症になった母がこれから十分なケアを受けて暮らしていくためには、母の預金を父に渡すわけにはいかないのです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメント一覧

こんにちは❣️ 初めて投稿します。 毎日楽しく読ませていただいています

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP