ケアプラン?見たことないぞ...初めてのケアマネージャーに抱いた不信感/タオ

若年性認知症の母の介護認定がおりました。

前回の記事:誤診だったなんて...!母の徘徊、そして別の病院での認知症の診断

3.1.jpg

3.2.jpg

3-3syuusei.png

ケアマネージャーは、地域包括センターや知り合いなどから紹介してもらう事が多いようですが、わたしはひとまずショートステイやデイサービスの利用をお願いしたいと思った施設に直接問い合わせたので、そこでケアマネをされている方が担当になる事に。その方が数ヵ月後に独立、その際に入居する施設を紹介・・・という流れでした。

介護保険には介護度によって使用できる点数が決まっていて、点数の範囲内で入浴やデイサービス・訪問ヘルパーなどが 保険内で利用できるサービスの計画書(ケアプラン)が作成されます。

ケアプランには本人や家族の同意が必要なはずですが、一度も確認できずじまいでした。

ケアプランが最初のきっかけであり、ここからあれ?と思うことが沢山出てきてしまい、不安と不信感に包まれながらも「こういうもんなのか・・・?」と数ヶ月悩む事に。

ケアマネさんの話は次回に続きます。

次の記事はこちら:ケアマネがかえられるって!?無知なままではやっていけない介護

関連記事:「娘さんの生活も大事にしてあげましょう」父を説得したケアマネの言葉

タオ

北関東在住、母ひとり子ひとりで人生を適当に過ごしていたら、母親が若年性認知症になり生活が一変して四苦八苦することに。介護へのイメージが一変する出来事や、当時教えて欲しかったなと思う事を描いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

タオさんのブログ:育児と介護漫画のタオブログ

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP