先行車へ親切に伝えたハズなのに!「え? 私があおり運転?」まさか警察からの電話が

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ウジさん
性別:男
年齢:59
プロフィール:田舎の一本道、前の車を追いかけざるを得ないのが日常。ある意味あおり運転の常習犯みたいなものなのかもしれません。

29.jpg

2021年の6月末の休日のことです。

朝8時過ぎに電話が鳴りました。

「せっかくの休みの朝から、誰だ?」と電話を取りました。

「あ、ウジ様のお宅でしょうか?」

「どちら様ですか?」

「えっと、電話口はウジ様ご本人ですか?」

これはまた何かの勧誘だな、とピンときて語気を強めました。

「そうですが、いきなり聞くのは失礼ではないですか?」

「申し訳ありません。私、〇〇警察の交通安全課の××と申します」

え、警察? と驚きました。

「あの、昨日の夕方、□□を市街方面に向かって運転されていましたか?」

いよいよ取り調べのように質されました。

何ごとか分からぬまま、反射的に「はい」と答えてしまい、不安になって「...それが何か?」と恐る恐る尋ねました。

「他の車とトラブルになった覚えはありませんか?」

「トラブル? 事故などは起こしていませんし...」

「ええ、事故にまでは至っていなくても、です」

昨日は少し離れた街まで買い物に行って、帰ってきただけです。

「...他の車を追いかけた記憶はないですか?」

そう言われてやっと勘付きました。

昨日、買い物の帰り道、前の車のブレーキランプが片方切れているのに気づきました。

私の街へ帰るには一本道なので、ずっと追いかける形になり、気になってしようがありません。

数少ない信号の一つに引っかかり、前の車と一緒に停車する形になりました。

我慢しきれずに車を降り、前の車に教えてやろうと近づきました。

中年女性らしい運転者は前を見つめたままハンドルを握りしめ、窓を開けようともしません。

窓を軽くノックしても返事もなく、よほど緊張して運転しているように見えました。

やむなく少し大きめの声で「ブレーキランプ、片方切れて...」と言いかけたところで信号が変わり、その車は一気に発車していきました。

「何か様子がおかしいとは思っていましたが...」

「あおり運転との通報がありましてね」

「はあ? とんでもない!」

「通報者はあなたの車のナンバーを覚えていらっしゃって、ずっと追いかけられてとても恐ろしかったと...」

「一本道ですからね、私の後ろにいた車だってずっと一緒でしたよ」

「いや、でも振り切ろうとスピードを上げると一緒に速度を上げたと...」

「制限速度より10キロ以上遅かったので...見通しが利かないから抜くわけにもいかないし、少し速く走ってくれたのでホッとしてたぐらいです」

「ははあ、信号で停まったときに怒鳴りつけられたと言っていますが...」

「窓も開けないし、こっちも見ないし、大声で言うしかないじゃないですか。怒鳴ると言うほどの強さではなかったと思いますよ」

この他にも私がいかにいらついた様子だったかとか(ノロノロ運転で確かにいらついてはいましたが...)。

早く行けと指で合図されたとか(もしかしたら気づくかと思ってブレーキランプを指差していたのは見えていたらしい)。

恐ろしい形相でにらみつけていたとか(これで普通の顔です。失礼な!)いろいろと訴えがあったようでした。

警察の方には、今回のことは誤解だったと分かってもらい、通報者には警察から顛末を伝えていただけるということでした。

親切心から行ったことがあらぬ疑いを受けたことに、なんとも言えない鬱屈を感じた出来事でした。

関連の体験記:児童をかき分け自転車で進む姿に唖然...「優しい交通指導員さん」が勤務終了直後に豹変!
関連の体験記:「お前、何やっとるんじゃ!」深夜ドライブ後に起きた悲劇!? 車の窓の外に見えた相手は...
関連の体験記:「これ、私たちが昔乗っていたクルマ!」息子の友人が買った中古車で甦る「懐かしい日々」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP