「よい年の取り方」とは? 美しく年齢を重ねるために特に気を付けたいこと

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:47
プロフィール:今年の夏も、おうちかき氷屋さんを満喫しました。秋冬も季節ならではの美味しいものを食べるのが楽しみです。

20.jpg

私は46歳、一つ年下の夫と10代の娘との3人暮らしです。

人生100年時代、まだまだ自分は若いとは感じていますが、それでも徐々に老化が忍び寄ってきているのは確かです。

ある日、肌や髪の衰えにふと気づいたときの、なんとも物悲しい気持ち。

ああ、自分はもう若くはないんだなと実感する瞬間です。

若い人に言いたいのは、とにかく肌と髪のケアはしておいた方がよいということ。

面倒に感じるかもしれませんが、将来の自分のために、若いうちから適切なケアを習慣付けておくことをおすすめします。

年齢を重ねると、肌や髪の印象が見た目年齢を大きく左右します。

若いときはみんなピチピチですが、年を取ると個人差が出てきます。

もちろん、見た目だけが大切なわけではありません。

人間、中身も大切です。

しかし、やはり「よい年の取り方」をしたいもの。

その場合、見た目も大切になってくると思うのです。

私が思うには、過度にケアする必要はないし、お金はかけなくてもOK、

高価な化粧品やケア用品も必要ないと思います。

肌や髪を清潔に保ち、保湿と紫外線ケアをしっかりとすること。

また食生活や睡眠にも気をつけること。

私がおすすめするケア法は、基本はこれだけです。

もちろん、ケアをしていてもシミもしわも年齢相応に増えてきます。

一部のセレブや芸能人を除いて、衰えを完全に除去するのは一般人には無理な話。

しかし、若いうちからケアをしていると、効果がしっかりと感じられます。

私が特に気をつけてきたのは、デコルテと手のケアです。

20代の頃に老齢の女性を見て、デコルテと手がきれいだと年齢を感じにくいと気づいたからです。

特に痩せ型の場合、デコルテや手は特に、加齢とともに肌がしぼんでしまいがち。

私は痩せ型のため、しっかりと気をつけたいと思ったのです。

一方で、もっとケアしておけばよかったと思うこともあります。

それは、体力についてです。

私は子どもの頃から運動嫌いで、スポーツも苦手。

そのため、老化によって筋力などが低下するのがとても怖いです。

苦手なことは、続けるのが難しいもの。

しかし、今からでも遅くはないので、今後のさらなる加齢を迎え撃つために、毎日少しずつ筋トレをはじめました。

効果が出てくれることを期待しています。

サボらず毎日ケアすると、将来の自分のためになり、年を取っても快適に生活できる可能性が高くなりますよ。

生きられる年月が長くなってきたからこそ、自分のケアの必要性が高まっていると思います。

若いうちから、しっかりと自分をいたわっていきたいですね。

※紹介している美容法は個人の見解によるものです。

関連の体験記:「あなたもこの年になったら分かる」を実感。50歳を過ぎ、膝の痛みや体力の衰えが止まらない!
関連の体験記:足の衰え? 脳の衰え? 気づいたら階段を一段抜かしで駆け下りられなくなっていた自分にショック
関連の体験記:50歳目前、ついに尿漏れ!? 運動苦手な私でも、地味ながら続いた克服トレーニングがありました!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

アラフィフは老化も劣化も始まっているけど若い内には気付かず気にしない人も多いですよね、勿体ない。中々デヴィ夫人のように美しくは難しいでしょうが正しいケアは大事ですね。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP