孫の結婚式に出席したい! だけどずっと座っていられない義父には到底無理な話で.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴ったブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。

ここに書いてきた13年間の記録をもとに今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

前回の記事:「ワシはまだまだ元気」と介護中の義父は頑固。ショートステイ利用を説得するには?/山田あしゅら

次男次郎の結婚式への出席を義父自身どうしたいと思っているか?

尋ねた答えは...

1.jpg

私たちもこう答えることはある程度予想していたのですが、現実問題として義父がほぼ1日かかる結婚式に耐えられるかというと十中八九「無理」と言わざるを得ないのです。

ただ『冠婚葬祭』は昔人間の義父にとって義理を果たす大事な場であるとともに唯一残された晴れの場でもあります。

同居の孫の結婚式とあれば尚更のことでしょう。

4.jpg

おそらく現実と理想のはざまで頭の中はごっちゃ。

自分でもどう答えて良いのか判断つきかねている状態だったのだと思います。

2.jpg

こちらから「出席したいか?」と聞いておいてやめるように進言するのもおかしな話ですが頭ごなしに「じいちゃんに結婚式出席は無理でしょ?」と最初から決めつけてしまうと、まとまる話もこじれかねません。

高齢の義父にとって考えをまとめるにはややこしい話です。

結論が出るまで多少時間はかかりますがその辺はじっくりと...。

3.jpg

最初は半分『その気』だった義父も次第にトーンダウンしてきました。

数年前なら

5.jpg

と言いかねなかった義父ですが

最近変わってきたように私も感じていました。

そこで『ちょっと性急かも』と思いつつショート利用の核心に切り込んでみたのです。

6.jpg

ポイントは、

決して義父が邪魔だからショートへ行ってもらうわけではないということ

1日家を空ける結婚式の最中に義父の身に何かあっては大変だということ

などなど、あくまでも『義父主体』を強調することです。

本心は

7.jpg

私たちが安心して結婚式に臨みたいだけなんですけどもね(笑)

するとすんなり

8.jpg


9.jpg

「はな子の様子もみられるし」という大義名分つきでしたが、無事、説得は成功であります。

もちろん

10.jpg

ケアマネおーさんに翌日速攻で手配をお願いしたのは言うまでもありません。

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP