「お父さん、あたしもつれてって」父の死に泣き続ける母。あれ? 家にいない...まさかね/なとみみわ

人気ブロガーのなとみみわさんが、義母の「ばあさん」(2018年、88歳で他界)の介護エピソードを中心に、ブログでは書ききれなかった話をご紹介します。

前回のエピソード:義母が「お世話になったね」と涙!? 「もうお迎えが来るモード」が面倒くさい...!/なとみみわ

十数年前、父は海で突然なくなりました。

釣りの最中、心臓発作をおこし海に落ちてしまったのです。

3月の日本海はまだまだ冷たく、そして波は荒い。

父は海が大好きで、毎日のように海に行っていました。

「父ちゃんは海が好きやさかい、海で死にたいわ」

生前そういっていたとおり、父が愛してやまなかった海は、父を連れ去ってしまったのです。

それから母は実家で一人暮らしをしておりましたが、2年ほど前から、ケアハウスに入居しております。

もうすぐお盆ですね。

今回は、父が亡くなった時のお話をしたいと思います。

父の夢1a.jpg

いや、そんなまさかね...。

と、思いつつも慌ててサンダルをひっかけて外に駆け出しました。

【続きのエピソード】「いい人やったなぁ」亡き父を探して涙する母。一緒に悲しめる相手がいてよかった...

【最初から読む】義母に「せん妄」の症状が...!介護と同居は、ある日突然やってきた/なとみみわ

【まとめ読み】ばあさんとの介護の日々!なとみさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

なとみみわ

テレビ制作会社に勤務。子育ても終わり趣味であるマンガを描きつつイラストレーターに転身。Web、雑誌、書籍、ムック、広告等を中心に活躍

81+avVPVxkL.jpg

『ばあさんとの愛しき日々』

(なとみみわ/イースト・プレス)

ガンコだけど可愛くて憎めない、なとみ家のばあさん。いつも笑顔とすっとぼけた言動で家族を楽しくふり回す毎日。そんなばあさんと暮らした楽しくってかけがえのない日々を、あたたかく描くコミックエッセイです。

コメント一覧

主人は くも膜下出血で亡くなりました 子供達は社会に出てそれぞれの新しい人生に向かっています 主人は私との 残り人生 楽しくしようと 計画を立てライフスタイルを 二人で計画的に話し合いました けど 亡くなり 17回忌になりました 一人でいる 生きている 寂しいです 夫婦で暮らしていた頃には 戻れません  残りの人生を 2人で楽しく 会話して 思い出の時間を過ごして ください  亡くなってしまうと 何もないです  生活してる時間 会話して 楽しいく 生きて下さい

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP