骨にひびが入っても家族に心配をかけないため気丈に...闘病中でも変わらない母の姿に涙...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ウジさん
性別:男
年齢:59
プロフィール:実家を離れて暮らす59歳の地方公務員です。母の体調がよくないのですが、弱みを見せたがらないので気を遣います。

31.jpg

体調を悪くしたものの、さしあたり大丈夫と言われていた母(89歳)でしたが、入院しながら精密検査をしたところ、すい臓にガンが見つかりました。

すい臓ガンは見つかりにくいそうで、見つかっただけでも幸運だそうですが、体力的に手術は難しいということで、抗ガン剤治療をすると聞かされました。

聞かされた、とはずいぶん冷たく聞こえるかもしれませんが、実家を離れて独立している私には弱みを見せたがらない父(89)から厳しく口止めされていた兄(62)が、電話で知らせてくれたのです。

それでも、経過は悪くないので、見舞いに来るのはやめておけ、という話でした。

「やあ、ウジ、いよいよ親父が弱音を吐いたよ。時間を見つけてお袋に会いに来てやってくれ」

兄からそんな電話があったのは、5月の末でした。

「うまく行ってないのか? 抗ガン剤治療」

「う~ん、進行は抑えられてるらしいんだけど、心臓とか、いろいろ負担が重なってるからな、かなり厳しい感じだよ。まあお袋は強気でいるけどさ...」

母らしい、と思いました。

とにかく、電話の次の土日まで待って(休みを取っていくと、母が気にするだろうということで、あえて)見舞いに行きました。

病室に行くと、母は体を起こして私を見ました。

「あら、どうしたの? わざわざ来ることないのに...」

母は照れていましたが、もともとやせていた身体がさらに縮んだ気がしました。

少し話しただけでも疲れたようだったので、早々に病室を後にして、廊下で兄と話をしました。

「親父は?」

「ん? ああ、お袋にさえ会ってもらえばいいんだ、とか言って、今日はウジもいるなら安心だって、家にいるよ」

「...まったく、強情だな。俺には頼りたくないってか」

「まあ、そう言うなって」

そんな話をしていたら、兄が思い出したように言いました。

「そう言えば、検査でCTとか撮ったんだけどさ、お袋、肋骨にひびが入ってたんだって」

「え? 足じゃなくて?」

「足の骨折はみんな知ってるさ。ずいぶん古い痕らしいけど、確かにひびが入って治癒した痕跡があるって...お前、知ってるか?」

「肋骨...?」

小学校の頃のある出来事を思い出しました。

その頃、私はあちこち高い所に登りたがるくせがあって(何とかと煙は、というやつでしょう)タンスの引き出しを少しずつ引っ張り出して、階段のようにして登って遊んでいました。

そこを洗濯物を片付けに来た母に「こら、何してるの!」と叱りつけられて、思わずバランスを崩してタンスにしがみついたところ、タンスごと倒れてしまいました。

「きゃあ、危ない!」

そう言いながら、母が助けに入り、私とタンスが母にのしかかるように倒れました。

幸い私は母に抱きとめられことなきを得ましたが、倒れたタンスが母の胸に当たってしまいました。

「ごめんなさい...お母さん、大丈夫?」

声を掛けると、母はすごく痛そうにしていましたが「大丈夫...」と答え、私はたっぷりとお説教を食らいました。

その後タンスを片付けるときも、「いた...」と肩をすくめる様子があったのですが、医者には行きませんでした。

「病院は?」と聞いてみても「大したことないの、気にしないでいいよ」と言いましたが、しばらくの間、何かにつけ顔をしかめることがありました。

私が気にすると思ったのでしょう、私が「大丈夫?」と聞くたびに、「平気、平気」と言ってはぐらかされ、しばらくすると痛む様子も見せなくなり、忘れていました。

今から思えば、あのとき、肋骨にひびが入っていたのではないかと思います。

肋骨の痛みをこらえて日々ふるまっていた母の姿と、今の姿が重なりました。

「辛ければ辛いって言えばいいのにな...」

毒づきながら、涙を隠すのに一苦労しました。

関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」
関連の体験記:姑宅に隠された「切り刻まれた物」。それはかつて買ってこいと言われた私からの贈り物/かづ
関連の体験記:毎週末、義母の「墓探し」に駆り出され...悩む私たち夫婦の前に現れた意外な救世主

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP