義父と義母のW介護。キャラの違いに、つい"ひいき"してしまう/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年が経ちました。

前回の記事:なぜ私が義両親介護のキーパーソンになったのか/山田あしゅら

望むと望まざるとにかかわら、介護の渦にまきこまれていった私。

しかも義父と義母、症状は違えどほぼ同時進行のW介護です。

1.jpg

ある程度覚悟は決めていたものの先にどんなことが待ち受けているのか全く分かりません。

介護保険のしくみや、各種介護サービスについても最初の頃はほとんど『ちんぷんかんぷん』。

ケアマネージャーの助けはありますが、当時は『分からないことが分からない』。

まるで勉強が出来ない子どもの如く。まさに何もかも手さぐりの状態でした。

2.jpg

それでも介護の日々は待ったなしで繰り広げられていくのです。

3.jpg

4.jpg

排泄物がお風呂場にあったり、汚れたオムツが普通に部屋のゴミ箱に捨てられていたり...。

一つ屋根の下で暮らしているのですから放っておけば自分たちの生活も破綻してしまいます。

もともと頑固で扱いにくい性格の義父。その頃には精神的不安定な状態から大分抜け出してはいましたが、できればあまり関わりたくない相手でもあります。

世話をするたびそれを拒絶され、やればやったで『当たり前のこと』にされてしまう。その上、感謝の言葉一つない義父です。

一方、義母は認知症の症状が急速に進み、手はかかるばかりだったのですが、穏やかで素直に私たちの言うことを聞いてくれます。

ちょっぴり依存心は強いけど他人の世話を素直に受け入れて、そのたび「ありがとう」を欠かさない義母。

今振り返ってみると、介護は肉体的な疲れより精神的な疲れの方が何倍もこたえるものだとつくづく思うのです。

「助けてあげたい」と思う気持ちが不釣り合いになってしまうのは仕方のないことだったと思います。

5.jpg

次第に義母の介護にウエイトを置くようになり、いつしか義母の介護のみが私の仕事というスタンスが出来上がっていきました。

当時はまだ義父は身のまわりのことが何とか自分で出来ていました。

もちろん傍から見れば「おいおい」なところもないではありませんでしたが

6.jpg

7.jpg

いわばこういった『ツッパリ』が義父にとってはかなり重要なことだったのかも知れません。

そして、私が義母の世話を率先して行うようになると義父の方にだんだん意外な変化が現れはじめたのです。

最初の頃こそ義母の世話を一方的に拒否していた義父でしたが

9.jpg

8.jpg

拒否は日を追うごとに薄れていき、次第に義母の世話をほとんど私に委ねるようになり、私の介護に横やりを入れることはなくなっていきました。

自分のことで手いっぱいの義父。

義母の世話も気持ちではしているつもりがほとんど出来ていない。

義父自身もそれを不本意ながら認めざるを得なくなってきた...本当のところは分かりませんが、そんな感じだったように思います。

そして、このスタンスが最後まで我が家の在宅介護を良くも悪くも形作っていくのでありました。

次の記事はこちら:言うことは聞かないわ、感謝はないわ...!出口のない生活の救い

関連記事:妻の世話は全部自分がやる。そんな父が手助けを受け入れるようになったのは.../めぐろのY子

山田あしゅら

指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を アメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」にて綴り始めて10年近く。 山田家介護のキーパーソンでもある50代主婦。

2017年現在、現在義父は88歳・要介護3。入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。 義母は92歳・要介護4。週5日のデイサービスなどでしのぎながら在宅にて介護をしている。 同居家族は夫(としお・60代・会社員)長男(一郎・30代・会社員)。 このほか結婚して独立した次男(二郎・20代・鍼灸接骨院経営)とそのお嫁さん(さくら・看護師)孫(きんとき・2歳)一人暮らしの三男(三郎・20代・会社員)と結構賑やか。 これらの日常をもとに著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP