次々届く高額商品のパンフレット。購買意欲を自制できない義父を止めるには/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年が経ちました。

前回の記事:数分前のことすら忘れてしまう義母が見せた「昔取った杵柄」/山田あしゅら

これだけ世間を騒がしていても高齢者を狙った詐欺事件は後を絶ちません。

悪意をもって高齢者に近づく者は論外ですが、一緒に暮らす義父をみていると悪意とも言えないケースがたびたびありました。

高額でしかも特に必要とも思われない商品を通販で次々購入する義父のもとには

1.jpg

毎日のように同様な商品のパンフレットが大量に送られて来ました。

2.jpg

自分の意思で注文し、代金もきちんと支払うのですから、パンフレットを送付する業者としては大事な顧客。

商売ですもの、顧客の次の購買意欲を促すことは何ら法に触れるものでもありません。

3.jpg

気を引く文言が満載で豪華なパンフレットは、歯止めのきかなくなった義父にとって実に魅力的です。

目にはいるもの全てが『欲しいもの』になってしまい、一時は着払いの宅配品が複数届くことが日常的になっているほどでした。

4.jpg

そんな義父を目の当たりにし、手をこまねいてばかりではいられず、私たち家族もいろいろ策を練る毎日が続きました。

5.jpg

しかし以前も書きましたが、今は情報があふれている世の中です。

パンフレットを目にせずとも新聞、雑誌、テレビ等で部屋に居ながらにして『欲しいもの』がどんどん入って来るのです。

それはまるでいたちごっこ。私達がどれだけ陰で動いても限界がありました。

義父が自分のお金を自分で使うのですから好きにさせれば良いようなものですが、これから介護が本格化するであろう義父母二人。

今後のことを考えると、家族として意味の分からない浪費は是非とも避けてもらいたいのが正直な気持ちです。

その後紆余曲折あり、義父の異常な購買行動は収束を迎えました。

身体の自由が次第に利かなくなったことが一番の要因だと思われますが、私たち家族の様々な働きかけも無関係ではなく、歯止めに一役買うことが出来たのではないかと今では思っています。

それにしても元来は堅実で真面目一本な性格だった義父。

プライドの高さと融通が利かない面がこういった行動を呼び込んだと言えるかも知れません。

しかし、ブログ読者の皆さんからも「うちの親も同じです」というコメントを結構いただきますし、私の周りでも同様な高齢の方の話はよく耳にしますので、どうやら義父に限った話ではないように思われます。

物があふれ、ますます便利になっている世の中です。

人生が長くなればこんな落とし穴もあることを、これから老いに向かう私たちはより一層肝に銘じておかなければならないのかも知れません。

6.jpg

次の記事はこちら:なぜ私が義両親介護のキーパーソンになったのか

関連記事:マルチ商品に無駄なリフォーム、新車まで! 義父の異常な購買意欲に振り回される/山田あしゅら

山田あしゅら

指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を アメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」にて綴り始めて10年近く。 山田家介護のキーパーソンでもある50代主婦。

2017年現在、現在義父は88歳・要介護3。入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。 義母は92歳・要介護4。週5日のデイサービスなどでしのぎながら在宅にて介護をしている。 同居家族は夫(としお・60代・会社員)長男(一郎・30代・会社員)。 このほか結婚して独立した次男(二郎・20代・鍼灸接骨院経営)とそのお嫁さん(さくら・看護師)孫(きんとき・2歳)一人暮らしの三男(三郎・20代・会社員)と結構賑やか。 これらの日常をもとに著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP