たとえ茶番劇でも!父とバレンタインの思い出/中島めめ

毎日12ラフ仕上げ--.jpg

こんにちは。中島めめです。
今回は父とのバレンタインの思い出のお話です。

前回のエピソード:手遅れの指示に謎かけ!?助手席に母はいつも珍道中


父は最近は甘いものを少しは食べるようですが、私が子供の頃は父がお菓子などを食べているのをあまり見たことがありませんでした。そのせいで私は「大人の男の人はお菓子は食べないんだ」と思い込んでしまっていたくらいです。

そんな父だったので、バレンタインデーにチョコレートをあげても嬉しくないだろうと分かってはいましたが、気持ちの問題だし、という事で毎年私と妹たちと3人でチョコレートを買いに行っていました。

父はチョコレートをあげると大抵1つだけ取って残りを私たちにくれるので、私たちは完全に自分たちが食べたいチョコレートを選びに行っていました。

私が「今年に限ってお父さんが全部チョコ食べちゃったらどうする?」と妹たちに聞いたら「そんなぁ~!」と返ってくるほど自分たちが食べる気満々なのでした。

 

父はふだんあまり喋らない人で、何を考えているのかわからないところがありました。

私たち3姉妹の中で、私はおしゃべりでうるさく、真ん中の妹はクール、末の妹は家族にとっていつまでも幼い子、という感じだったので、黙っている父にぐいぐい話しかけて行くのはいつも私の役割なのでした。

そんな私にとっても父は「つかみどころのない謎の人」だったので、妹たち二人にとっては父はもっと不思議な人だったかもしれません。

 

そして3人で選んだチョコレートを渡すといつも「お、サンキュ」などと言って中身を出して(待機する私たち...)1つ取った残りを「こんなに食えんわ」と返してよこすのでした。

恒例行事のように行われるこの流れを母は「茶番やな」と笑っていましたが、父がチョコのお返しのつもりなのか自分の机の引き出しのケースにたまった小銭をみんなで分けろとくれた時のメンバーには、母もしっかり入っていました。

母は「私は私であげてるから」と言っていましたが現場を見たことがないので、本当のところはよくわかりません。

今年のバレンタインは父も自分で食べてくれると思うので、ちゃんと父の好きそうなチョコレートを選んで渡そうと思います。

お父さんの別エピソード:ロボ疑惑すらあった無口な父。孫が生まれて見せた意外な一面

50life_cover-obi.jpg

『たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット