「捨てなきゃよかった」お義母さんが思い入れのある鍋を処分した結果/もづこ

ある日、お義母さんが
「これを買おうと思ってるんだけど...」
と、圧力鍋のパンフレットを持ってきました。

1.jpg

お義母さんは普段あまり「これがいい」みたいなハッキリとした意見を言う方ではなかったので意外でしたが、最近は体力が衰え料理を作る意欲も無くし気味だったので、私たちは購入に大賛成でした。

2.jpg

新しい器具を導入するにあたって皆でキッチンの棚を整理していたら、お義母さんが年季の入った無水鍋を出してきました。

3.jpg
4.jpg

お義母さんは思い入れがある様子で捨てるかどうか暫く悩んでいましたが、思い切って捨てる事にしたようでした。

私は夫とお義母さんのやり取りを見ながら内心「いいのかなぁ、後悔しないかなぁ...」と心配でしたが、私自身モノを捨てられない性格でそれが災いして部屋がガラクタだらけになってたので
「思い切りが大事なのかも。お義母さんの断捨離に口を挟んではいけない」
と、従うことにしました。

でも、その決断が後にずっと私の心をチクチクさせることになろうとは...

 

その後しばらくして注文していた圧力鍋が到着。
その圧力鍋はそこそこお値段がするだけあってかなりしっかりとしたシロモノ。

5.jpg

これならお義母さんもまた料理を楽しんでくれるにちがいない...!

 

...と、思いきや。

鍋は何日経っても箱に入ったまま。
使っている様子はありません。
不思議に思って聞いてみたら

6.jpg


というまさかのお返事。


7.jpg


私は「しまった!」と後悔しました。
お義母さんがまさか使わないなんて想定外でした。

...いや、考えてみたらわかることだったのです。


お義母さんはもともと変化をあまり好まない人です。
圧力鍋が昔使ってたのと想像以上に違い過ぎて完全に苦手意識をもってしまい
さらに、安心して使えてた無水鍋を捨ててしまった後悔で落ち込んでしまったのです...。


あの時やはり止めるべきでした。
捨てると言われてもこっそり隠すぐらいすればよかった...。

8.jpg


結局お義母さんはその後、圧力鍋を使うことなく家にある慣れた鍋を使っています。
仕方がないのでそのうち私が使おうか...と思っていたのですが(実は私は一度も圧力鍋を使ったことがありません...)、なんといつの間にやら夫が使いこなしてました。

9.jpg
10.jpg


夫、なかなかの腕前です。
これにはお義母さんも大喜び。


11.jpg

お義母さん、昔からひとのために作ってばかりだったから今度は食べる役目をゆっくり楽しんでくれたらいいな。

そして皆で買ったこの鍋を私たちが大切に使って次の世代に継いでいこうと思います。

 

関連記事:ずぼら調理の救世主!?「電気圧力鍋」がamazonランキング1位&4位に

もづこ
40歳で娘を出産。漫画やイラストを描きつつ、夫と慣れない育児に奮闘しています。義母と2匹の猫と同居中。オムニバス形式の出産育児コミックエッセイ集『うちの子の場合!』(KADOKAWA)に寄稿。
健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット