ここで大人の世界を垣間見た!商店街の"魔窟"の思い出(後編)/中島めめ

毎日09修正--完成.jpg

こんにちは。中島めめです。

前回は私の母が昔よく通っていた不思議なお店について書きましたが、今回はその続きを書きたいと思います。

前回のエピソード:さみしがり屋の母の息抜きの場所、商店街の"魔窟"の思い出

 

私が心の中で「魔窟」と呼んでいるそのお店は、家の近くの商店街にあったので、

一時期母の紹介でそのお店でアルバイトさせてもらっていた事がありました。

今思うと洋服を畳んだりちょっと掃除をしたり、たいした事もできないのによく使ってくれたなぁと申し訳ない気がするのですが当時は精一杯やっているつもりでした。


お店に来るお客さんはほとんどが常連さんで、長居してお喋りして行かれるのでそばで洋服を畳んでいる私にも話が全部聞こえてくるのでした。

でもぼーっとしている私の事など誰も気にしていなくてまるで空気のような存在だったんだろうと思います。

話の内容は噂話や愚痴といった感じでしたがみんな臨場感たっぷりに話すので、つい引き込まれてしまっていました。この時かなり大人の世界を垣間見たような気がします...。

 

母がそのお店で買ったニットのカーディガンを私が借りて着る事もありましたが、今思うと色とりどりでものすごく派手な服だったのになんとも思わず着ていました。

バブル時代だったので周りに派手な服を着ている人が多く、それが普通だと思っていたのかもしれません。

例えば、今は就職活動などには黒や紺のリクルートスーツを着るのが一般的ですが、私が就職した頃はパステルカラーのスーツ(形はもっさりしてました)を着ている人が多かったのです。淡いピンクやブルーのスーツ...今だったら選挙に立候補する人しか着ないような色をみんな普通に着ていました。

その頃私の就職が決まり入社式用のスーツを買おうという話になった時、母がブティックでいいのがないか見てみようと言うので一緒に行きました。
最初はスーツを見ていたのですが気が付くとお店の人や常連のお客さんが私を取り囲み、あれはどう?これはどう?といろいろ見繕ってくれて、最終的になぜかスーツではなく裾がたっぷりしたフレアスカートのワンピースに決まったのです。

初々しくていいねえ!と褒められて、私も色も落ち着いてるしいいかなと気に入っていたのですが今思い返せば周りがパステルカラーのスーツだったにしてもちょっと違和感あったんじゃないかなと思います(今更気にしても仕方ないのですが)。

今ではそのお店もなくなってしまいましたが相変わらず個性的な装いの母なので、またどこかお気に入りのお店を見つけたのかどうか、今度聞いてみようと思います。

中島めめ

アメブロ公式トップブロガー。家族との笑いの絶えない日常を描いたブログが月間200万PVと人気に。超インドア派で子どもの頃は「ハイジが来る前のアルムおんじ」のような人生を送るのだろうと想像していたが、実際はまったく違う日々を送る。
食品サンプルやドールハウスのミニチュア小物が大好き。

50life_cover-obi.jpg

『たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット