いつも母のタッパーが我が家にたまる理由/中島めめ

毎日10仕上げ--.jpg

こんにちは。中島めめです。
今回は「行き交うタッパーたち」についての話を書きたいと思います。

前回のエピソード:ここで大人の世界を垣間見た!商店街の"魔窟"の思い出(後編)

私は子どもの頃から煮物などの渋いお惣菜が大好きで、いつも母が作ってくれる筑前煮や和え物を一人でたくさん平らげていました。母自身や妹たちはそういうおかずはあまり食べないので、母は父と私のために煮物を作っているようなものだとよく言っていました。

私が結婚して家を出ると、母は「煮物を作ってもお父さんが少し食べるだけで余っちゃうから作りがいがない」と言っていましたが、そのうち私のところに遊びに来る時、大きなタッパーに煮物を詰めて持ってきてくれるようになりました。煮物だけではなく家にあった干し芋や買ってきたお菓子や肌着、子どものおもちゃも持って行商人のような大荷物で電車に乗ってやって来るので、駅まであわてて迎えに行ったりしました。

私が「わざわざ持って来てもらうのは申し訳ないからいいよ」と言っても、持ってきてくれた煮物は私も子どもたちも大好きなのですぐにぺろっと食べちゃう、というと「作りがいがあるから」といってまた作って持ってきてくれるのでした。

 

持ってきてくれた煮物を食べて洗ったタッパーをしまい、今度来てくれた時に返そうと思うのですが、返しそびれたり、荷物になるからいいと言われたりでいつしかタッパーがたまって、すごくかさばってしまって、そうなるともう今度車で実家に帰る時にいっぺんに持っていった方がいいなと思い、年末車にタッパーの山を詰め込んで実家に帰ったのでした。

実家に帰ると私と子ども達が食べる用に筑前煮や大根と人参の煮和え(私と子どもの大好物)が大鍋一杯に作ってあって、妹たちが「ほんとにこんなに食べられるの!?」と驚いて

いました。しかしその驚きをよそに黙々と嬉しそうに食べまくる私と子どもたち...

最近野菜が高いのに申し訳ないねえと言いながら箸が止まらない私たちに母は「そう言いながらすごい勢いでなくなっていくな」と言いながら笑っているのでした。

しかも、さすがに残った煮物を「あんたたちしか食べないから」と私が返したタッパーに詰め込んでくれたので、返すために持ってきたタッパーをまた持って帰る私なのでした...

母と同じように煮和えなど作れるようにならなきゃ、と思いつつ、つい甘えて食べる専門になってしまっているので今度は空いたタッパーと一緒に母が好きなおせんべいや漬物でも添えて持っていこうと思っています。

次の記事はこちら:手遅れの指示に謎かけ!?助手席に母はいつも珍道中

こちらの記事もオススメ:母はいつも大荷物と共にやってくる/中島めめ

中島めめ

アメブロ公式トップブロガー。家族との笑いの絶えない日常を描いたブログが月間200万PVと人気に。超インドア派で子どもの頃は「ハイジが来る前のアルムおんじ」のような人生を送るのだろうと想像していたが、実際はまったく違う日々を送る。
食品サンプルやドールハウスのミニチュア小物が大好き。

50life_cover-obi.jpg

『たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
PAGE TOP