潔癖症の面影はどこに...!? 義父の介護に追われた義母宅で目にした「衝撃の光景」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さなり
性別:女
年齢:55
プロフィール:55歳パート勤務。主婦。子ども2人。

47.jpg

92歳の義父、84歳の義母は、我が家から20分ほど離れた所に2人で暮らしています。

義母は潔癖症だったため家の中は常に清潔。

家事もちゃきちゃきとこなす人でした。

しかし、数年前から義父に認知症の症状が出始め、粗相を頻繁にするようになってから、義母の負担が増え始めました。

私達は義父に尿取りパットや紙おむつを勧めましたが、プライドが高い義父は頑として聞き入れてくれません。

ですので義母は粗相の後始末に追われるようになりました。

そしてこの頃の義父は、とてもしっかりしている時と、ぼぉーっとしてしまう時とがあり、まるで全くの別人のようでした。

義母は一日中そんな義父の相手をしているため、精神的にも鬱々としてきてしまいました。

当然だと思います。

会う度に「なんか疲れちゃって、家事をするのが億劫になってきた」と言っていました。

そして昨年、義父が家の中で転んでしまい、大腿骨を折って3カ月ほど入院をしました。

退院する時に医者や看護師からは、在宅介護は難しいから施設へ預けた方がいいと言われた義母。

主人も私も義母の負担を考え、施設にお願いする方向で話したのですが、義母は「パパが可哀そう。私は大丈夫だから、自分が倒れて面倒見れなくなるまでは、家で面倒をみたい」と在宅介護を希望したのです。

結局義父は退院後、自宅療養ということになりました。

しかし、現実は義母が思っていたより大変でした。

義母はいつも身だしなみにも気をつけていて、髪を綺麗に結い、薄化粧をしていましたが、化粧をしていないことが増えてきました。

そして家を片付けたいけれど「気力が出ない」と。

あの潔癖症の義母が、です。

私ができることはやるからと言っても、私に遠慮しているのか、自分の領域に入ってほしくないのか、やんわり断られてきました。

ですので、私はそのまま手を出さずにいたのですが......

先日とんでもない光景を目にしてしまいました。

用事があって主人の実家を訪れ、長い時間滞在したのですが、8室ある部屋の1室以外が、すべてゴミが詰まったビニール袋で足の踏み場もなかったのです。

プライドが高い義母は、私に現状を見られたのが恥ずかしかったのか「気分が乗った時に自分のペースで片付け始めてるから大丈夫」と言います。

本当はすぐにでもゴミをどうにかしたほうが、と思ったのですが、義母のプライドを踏みにじるようなことはしたくないので、何もできませんでした。

今もなにも手を出せない、触れられない......の状態が続いています。

どうすればいいのか途方にくれています。

関連記事:お庭は素敵なのに、家の中はゴミ屋敷寸前! お義母さん、その労力を片づけに回しては?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

介護認定は、受けてますか? ヘルパーさんに入ってもらって少しずつ片付けるのは、どうでしょうか?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP