父親との永遠の別れ。いつまでも忘れられない重く辛い悲しみ

16-pixta_28675738_S.jpg

ペンネーム:みすず
性別:女
年齢:55
プロフィール:私は、27歳の時に63歳の父を亡くしました。親を亡くすことは、とても重く辛いものです。28年たった今でもその思いは忘れられません。

父を亡くして28年になります。私は、今年の4月で55歳を迎えたので、父と暮らした年数と父のいない年数がほぼ同じくらいになりました。

私が21歳の頃、当時57歳だった父は、多発性筋炎と称される難病と診断され、危篤状態に陥りました。しかし、その時は薬の効能で徐々に回復し、半年の入院生活を終え退院、自宅療養になりました。仕事はできませんでしたが、日常生活は不自由なくできる状態でした。

その頃姉が結婚し、一人目の女の子が生まれました。父にとって、本当に可愛い最初で最後の孫でした。

ですが、6年後の正月過ぎ、病院に行った際の検査データがよくないので、元気なうちに入院して治療しましょうとのことで入院生活が始まりました。

それまで元気だった父は、強い薬の影響もあり、いろいろな合併症が生じ、日に日に体が弱り、食事もできない状態になってしまいました。ただ父は、孫の顔を見るのが一番の楽しみだったようで、まだ1歳の誕生日もむかえてない孫に巻きずしを買って楽しみに待っていたり、もらったイチゴを孫のために大事にとっていたりしました。

入院して4カ月たった頃、突然私の仕事場に父の危篤という知らせがきました。すぐに病院に駆け込みましたが、すでに父の意識はありませんでした。意識不明が1週間近く続いた時のこと、意識がないにもかかわらず、父は病床にあったティッシュペーパーの箱から、ティッシュを一枚ひっぱりだしては投げ、また一枚とっては投げるという行動を繰り返したのです。病院の先生から、「きっと苦しくてどうしようもなく、悔しいのだろう」と言われました。できることは、痛みを緩和させながら最期の時を待つことでした。そして、とうとう父は静かに永遠の眠りにつきました。

父が亡くなった後、難病であるので治療方法の解明のため、ぜひ解剖させてほしいと病院からいわれました。人の役に立つのであれば、きっと父も喜んでくれるだろうと母は了承し、その間母と冷たく重苦しい空間の霊安室の前で待機していました。

解剖が終わって、霊柩車で自宅に帰ることになりました。父は、白い着物を着せてもらい安らかに見えました。きっと、苦しみから解放されたからなのでしょう。「入院中は、早く家に帰りたいと言っていたけど、やっと家に帰れるね」と話しながら帰宅しました。

当時私は27歳で、友達と遊んだりすることに一生懸命で、まさか父が亡くなるなど思ってもいませんでした。6年前は危篤状態になりながらも元気になったし、またきっと元気になると思いこんでいたので、父と積極的にコミュニケーションをとっていたわけではありませんでした。だから、ただただもっと父と会話をしておけばよかったと後悔の念ばかりでした。

祖父や祖母、叔父などの死を見てきましたが、やはり親の死は、言葉にならない位に辛く重いものでした。父は、誰よりも信頼でき、この世の中で一番の私を理解してくれていました。父と話したいことは山ほどありました。もっとああしておけばよかったという後悔や、もっと長生きしてほしかったという叶わない願いは、今も当時もたくさんあります。

父が最後に買ってくれたチョコとキャンディーが入っていた綺麗な容器を、今でも大切にしています。父が「体がきつい」と言いながらも、病院の帰りにデパートで買ってくれた物。私にとって永遠の宝物となりました。それを手にすると、今でもあの時の父の顔を思い出します。体がきつくても、私を喜ばせたかったのだと思うと、今だに涙がこぼれてきます。そして、入院中、自由奔放で結婚など考えていない私の事を大丈夫かと、すごく心配していたと後で母に聞いたときは、心が張り裂けそうなくらい悲しかったのを覚えています。

葬儀を終えても、私はすぐに立ち直ることができず、父を思い出しては夜中涙を流す日々が3カ月くらい続きました。そんなある日、あるテレビ番組で、「死んだ人は、悲しんでいたらいつまでたっても成仏できない。かえって忘れてあげる事が成仏なんだ」と言っていたのを見た時、ようやく悲しみから解き放されたような気がしました。

こうして、徐々に時間が解決してくれ、父のいない生活に慣れていきました。

今は、父が「自分の分まで」と87歳の母を長生きさせてくれているのだと、父に感謝しています。そして、父の分まで母を大切に思っています。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット