買ったほうが安い、当初の希望と違う、雑すぎる......。俺様流の夫のDIYにウンザリ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:まくまく
性別:女
年齢:47
プロフィール:私の息子二人を連れ、現在の夫と暮らし始めて8年目になります。

5.jpg

今年のGW休暇は普通に過ごすことにした我が家。しかし、やることがないと朝からお酒を飲み、テレビ三昧で過ごす夫に嫌気がさしている私は、夫にDIYを勧めてみたのです。以前から縁台のようなものが欲しいと伝えてあったので、休暇に作ってみてはいいのではと提案してみました。

やる気を見せた夫はデザインはどのようなものが良いのかと質問。そこで「座る場所が蓋のようになっていて、中に収納ができるものがほしい」と依頼しました。早速ホームセンターに行って材料を購入するのは仕方ないにしても、なんとその買い物に3時間近くつき合わされ、その間私と飼い犬はずっと待ちぼうけ。やれ木材はどれがいいだのペンキの色は何色がいいだの聞いてくる割には、結局自分の欲しいもの、塗りたい色を選択し、買いたいものを全て買い終えた結果、作るより買ったほうが安くついたのでは......という状態に。出だしから不安に駆られましたが、そんな私の気持ちに全く気づかない夫は、早く作りたくて仕方のない様子でした。

午前中いっぱいかかった買い物を終えて帰宅すると、昼ごはんも早々に板を切り始めました。ホームセンターで板をカットしてもらえばいいものを、わざわざ何故のこぎりで切るのか理解できません。それなのに腰が痛いだの足が痛いだのと痛いところのアピールは欠かさないので、聞いていてウンザリします。

「じかに木材を置くと虫が来るから、土台の下にはコンクリートを敷いてね」とお願いしてあったのに、コンクリート部分は土で埋められていて隠れてしまっています。埋まっていては効果が半減なのでは? 虫が木材を攻撃してくるのでは? と思いましたが、下手なことを言うと途中で作成をやめかねないので、何もいえません。
しかも最初の話では蓋を付けて収納式の縁台になる予定だったのに、縁台の土台と家の外壁とをビスで打ち付けているではありませんか。安心安全に力を注いでくれるのはありがたいのですが隙間がほぼないので、「それでは蓋の開閉がしにくいのでは?」と質問すると「収納式にするのはやめる」とのこと。私の希望も虚しくデザイン変更のまま続行となりました。
私は以前から、腐食や虫の混入が心配なので外壁に穴を開ける行為が好きではありません。ビス程度であってもいやだと話していたのですが、何も考えずに勝手にどんどん穴を開ける夫に対して本当にウンザリ、嫌気がさしてきます。これまた私の気持ちなど他所なのです。ビスのおかげで頑丈にはなりましたが、当初予定していた収納式縁台ではありません。

そして、とうとうペンキの出番となりました。

腐食しにくいとうたっている高価なペンキなのですが、夫は塗り方が雑。縁台の周りにペンキが飛び散り、汚れているのもお構いなしに作業は続きます。「汚れているんだけど」と伝えたところで「そこは見えなくなるから」とのこと。どういう意味で言ったのか全くわからないですが「丸見えですけど」と内心ふつふつと怒り、モヤモヤ感が私の心を埋め尽くしました。

何とか出来上がった縁台はそれなりに丈夫でしっかりと作り上げられ、色合いも夫好みのものとなりました。夫は作り上げて満足そうです。感謝の気持ちももちろんありますが、俺様流で何でも事を進める夫にはあきれ果ててしまいました。

関連記事:DIYにはまる女性が急増中! 工具の使い方から学べるDIY教室が人気に

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP