妻「今日は夕飯済ませて帰るね」あれ今日は私の誕生日なんだけど...妻は遅くに帰ってきて...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ウジさん
性別:男
年齢:60
プロフィール:生まれてから6回目の年男、誰もが子どもに還る齢を迎えた地方公務員です。

2.jpg

「いよいよ俺も高齢者かあ...」

昨年、2021年の末、カレンダーが最後の1枚になると感慨もひとしおでした。

12月生まれの私は、いよいよ還暦を迎えます。

それなりに生きていれば誰もが通る瞬間ではありますが、我が事となるとやはりぐっと来るものがあります。

「ああ、いよいよ今年も最後の1枚か、ほんと1年って早いよね」

妻(57歳)がカレンダーを見ている私の背後から声をかけてきました。

「全くだな。門松は冥土の旅の一里塚ってな、めでたくもあり、めでたくもなし、だ」

「また墓場に近づいたってわけ? 年取ったもんよね、お互い」

のんきな調子の妻に「あれ? まさか、気づいてない?」と不安に駆られました。

そうは言っても、さすがに人生の転機の一つ、忘れちゃいないだろうと思いながら誕生日当日を迎えました。

「何だ? 遅くなるのかな? 大事な日だってのに...」

最近は認知症気味の義父(84歳)の世話をするために、義実家で過ごす時間が増えた妻でしたが、夕食の時刻になっても帰ってこなかったのです。

ヤキモキしていると電話が鳴りました。

ナンバーディスプレイで義実家からだと分かりました。

「すっかり遅くなっちゃったから、夕食済ませて帰るね」

妻の言葉に耳を疑いました。

「え? ...あのさ、今日、何の日か覚えてる?」

我ながら情けないほど、ぼやき気味の声で問い返した私。

「え? なんかあったっけ? ...とりあえず、夕飯は済ませておいてね、じゃ」

なんとも寂しい返事で電話は切れました。

年月を経ると愛情も薄れるもんだな...いや、そもそもあんまり愛されてなかったかもな...などモヤモヤとした疑念を抱きつつ、一人の夕食を済ませました。

「そもそも誕生日だって言うのに、一人で魚を焼いて、冷めたご飯チンして、って、人生で最も寂しい誕生日かもしれんなあ...」

すっかり落ち込んでしまった私は、そのままこたつにもぐり込んでしまいました。

「...ちょっと、風邪引くよ」

突然の妻の声で目が覚めました。すっかり寝入ってしまっていたようです。

「...ああ、お帰り...フアア...って、あれ?」

起き上がった私の目の前にケーキが置かれています。

「え? これ...」

「けっこうサプライズって大変ね。家でケーキ作るとバレちゃうからさ...」

そう言えば子どもたちが小さい頃は、妻はよくケーキを手作りしていました。

でも、私の誕生日には初めてのことです。

「久々だから、けっこう忘れちゃっててね」

気恥ずかしそうな妻が差し出す切り分けたケーキの上には小さなプレートが乗っています。

「生まれてきてくれてありがとう」

そう書かれたチョコレートの文字が並んでいました。

「ま、人生リスタートですからね。今後ともヨロシク!」

と言いながら頭を下げる妻の姿を見て、改めて私には過ぎた妻だ、と見直しました。

関連の体験記:みんなで同時期に妊娠・出産!? 数年かけて用意されたセルフプロデュース大好き女子の仰天プラン
関連の体験記:「絶対こちらの方が良い!」孫に希望を聞いておいて...結局違うものをプレゼントする70歳の義父
関連の体験記:私が還暦を迎える正月にも帰省しない娘と息子。「寂しい年越し」の後に訪れたのは...⁉

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

かわいい奥様ですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP