「ジュボ」娘と公園で縄跳びをしたら聞こえてきた音。これは45歳にして...尿漏れ!?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:シャーロック
性別:女
年齢:50
プロフィール:週5でパートをしている主婦。夫50歳、子ども13歳、義母と同居。日々運動不足を実感しています。

pixta_66382941_S.jpg

今から、5年ほど前、私が45歳の夏のことです。

娘(当時8歳)が縄跳びにハマっていたので、何本か縄跳びを持って公園に遊びに行きました。

とても暑い日の午後だったことを覚えています。

その頃の娘はまだ、二重跳びなど難しい跳び方はできなかったので、普通の前回しで跳んでいました。

「ママ、二重跳びできる? やってみて~」

娘にそう言われ、縄跳びは久しぶりでしたが、けっこう得意だったので「いいよー」と言って何回か跳んでみました。

すると、何回か跳んだ後、何か急に下半身が熱いような感じがして、「ジュボ」というような音がしたような気がしました。

その直後、股がおかしい...濡れているような感じがします。

すぐにでも確認したいところですが、周りには親子連れがたくさんいたので、かがみ込んでジーンズの股の部分を確認してみることもできません。

もし、長めのカットソーを着ていたなら股の部分を隠してくれるかもしれませんが、普通の丈のTシャツだったので隠せるような洋服ではなかったのです。

意を決して、もう一回試しに跳んでみると、やっぱり「ジュボ」と何かが漏れだしているような感覚がします。

濡れている...間違いない...まさか尿漏れしている!? とそこで初めて思い当たり、慌てて公園のベンチの端に行って確認してみると、ジーンズが濡れていました。

汗かもしれないとも思ったのですが、濡れている場所、量から考えても尿漏れに間違いありません。

不幸にも水色のジーンズを履いていたので、濡れると色が濃くなってしまい、傍目からも「あの人、尿漏れ?」と分かりそうな感じです。

自分が尿漏れしたと分かれば、これ以上は公園にいることもできません。

娘は「もう帰るの?」と不満げでしたが、娘に言っても分からないだろうし、聞き返されても困るので「ママ、トイレに行きたいの」と娘を連れて早々と帰りました。

今の娘の年齢(13歳)なら小声で言って分かってくれそうですが、8歳ではヘタすると「ママ、お漏らししたの?」などと周りに聞かれてしまいそうな声で、質問してくるかもしれません。

そんなことを公衆の面前で言われていたら、立ち直れなかったでしょう。

一つ救われたのは、自宅から近くの公園だったので、歩いて帰れる距離だったことです。

濡れたジーンズで車に乗りたくありませんし、なんせ気持ち悪いですよね。

想像しただけでゾッとしてしまいます。

自分が尿漏れをしたことは大変なショックで誰にも言えず、後日もう一度縄跳びで飛んでみたら、再度また同じような現象になりました。

その日を境に意識してお尻を引き締めるようになり、今も続けています。

関連の体験記:恥ずかしくてたまらない...ジャンプどころか伸びや屈伸体操ですら「ちょろり」する尿もれに愕然
関連の体験記:40代で尿漏れは恥ずかしい...思い込みで症状が悪化した私を救ったパート仲間の言葉と医師のアドバイス
関連の体験記:あれ!? アレとコレが一緒にできなくなった...実は「若い頃限定」だった特技が加齢とともに失われる...!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP