「2人で楽しい時間を過ごしたいんだ」仕事人間だった夫がコロナ禍を機に変化! その思いに涙が...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さくらみちこ
性別:54
年齢:女
プロフィール:超仕事人間だった夫がコロナ禍を機に変わりました。

42.jpg

私の夫は現在58歳、超がつくほどの仕事人間でした。

休日返上で仕事に向かうのは夫にとっては当然のこと。

あるいは持ち帰った仕事をこなすため、休日でも一日中パソコンに向かうなんてこともしばしばでした。

となると、家族の予定がキャンセルになる、夫不在で決行なんてことが起こります。

そんな状況に私も家族も少々不満を持っていたのですが「仕事だから仕方ない」と自分を納得させていました。

しかし今から約1年前の2020年春頃、コロナ禍となり全国に緊急事態宣言が発令されたタイミングだったでしょうか。

夫の様子が変わり、休日をきっちり休むようになったのです。

土日も可能な限り2日間とも。

そして、家族との時間を何より優先するようになりました。

それだけでも私にとってはビックリな出来事なのですが、夫はなんと平日にも休みを取り始めたのです。

そして、その日は決まってドライブ。

私が行きたいと言っていた場所に連れて行ってくれるのです。

うれしい反面、「この変化にはどんな理由があるの?」と一抹の不安も感じていた私は、思い切って聞いてみることにしました。

「どうしたの? 体調が悪いの? 仕事で何か問題でもあった?」

「全然そういうのじゃないから。心配しないで大丈夫!」

夫は明るくそう答えるだけでした。

そうなると余計に気になるのが私なのですが、夫が理由を話してくれることはありませんでした。

そんなことが数回続いた頃、ドライブ中の車の中でもう一度聞いてみました。

「休みを取ってまでドライブ連れて行ってくれるなんて、凄くうれしいんだけど、あまりに優しいからちょっと怖いんだけど....」

私は軽口を叩いたつもりだったのですが、実は凄く気にしていることがきっと夫に伝わったのでしょう。

夫がぽつりぽつりと理由を話し始めたのです。

「俺は仕事ばかりでしょ。それが家族のためだって思ってて。でも、その分だけあなたに寂しい思いをさせてきたよね。そんなことをとうとうと考えてたらコロナ禍になって。そこでいろんなニュースを見聞きする度に、今のままじゃまずいって気づいたんだ。一番大切なのは夫婦で一緒に過ごす時間だって。だからこれからは2人で楽しく過ごしたいんだ」

これが夫の答えでした。

夫はコロナ禍で流れる悲しいニュースに触れる中で「本当に後悔しない生き方」を強く意識するようになったのだそう。

そして、それを実行するために仕事をセーブすることを選択したのでした。

「そうだったのね...」

夫の思いを聞きながら嬉し涙がこぼれた私。

正直、この夫の選択が、夫の人生を思わぬ方向に向かわせてしまうのではないのかと心配にもなります。

でも、休日を過ごす夫の笑顔を見る度に「これでよかったんだ」と感じています。

関連の体験記:家計を握り、私を一切関与させない48歳夫。ある日「残高不足」を知らせるハガキが届いて...
関連の体験記:「手伝いますよ」のひと言が命取り...44歳、義実家の町内会で「若手」と重宝される私の葛藤
関連の体験記:「少しだけど使って」コロナ禍の中、我が家に「ある届け物」をしに来てくれた義母の愛情

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

思わぬ方向とはなんですか?全く予想がつかないですが。 余程家庭をかえりみない生活だったのでしょうね。仕事人間が急に家庭サービスを始めたら何か悪いことでも隠しているのではないかと勘繰りたくなるかも(笑)でもサービスなら心配ないかもしれません。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP