【お悩み相談】72歳、もう遅いかもしれませんが...生き甲斐、人生の喜びの見つけ方を知りたい

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「生き甲斐や人生の喜びをどう見つけたらいいのか...」というお悩みに、カウンセラーの時田ひさ子さんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_77816963_S.jpg

【お悩み】

生き甲斐、人生の喜びどう見つけたら

もう遅いかもしれませんが、生き甲斐というのか、人生の喜びというのか、そんなものの見つけ方を知りたいと思っています。

大阪府 T・Kさん(72歳)


【おこたえ】

実行してみて自分が喜んでいるか、確認してみましょう

相談者のあなたが、どんなときに喜びを感じていらっしゃるかを知ることがまずなによりも最初にしていただきたいことです。

私たちは、世の中で良いと言われていたり、みんなが好きだったりするものを、自分もしようと思うものです。

例えば、ニュースでたくさんの人が海外旅行に行く空港が報道されたら、「海外旅行に行ったら楽しいだろうな」と思って、自分も行ってみようとします。

ですが、実際に行ってみて、みんながみんなまた行きたくなるわけではありません。

あなたが本当にやりたいことは、海外旅行や温泉旅行ではなく、近所のカフェでひとりで過ごすことかもしれないのです。

人によって、幸せの感度は異なります。

また、興味を持つものも異なります。

あなた自身が、ご自身の体で心地よい、うれしいと感じるものは、人と違うと思うのです。

自分自身がやってみたいと思っていることに取り組んでみて、自分が喜んでいるのかを確認してみることでしか、人生の喜びは見つからないと思うのですが、さて、どうでしょう?

●時田ひさ子さん(カウンセラー

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

 

今回の先生

時田ひさ子さん
カウンセラー。専門は「複雑な人の心」

この記事は『毎日が発見』2022年2月号に掲載の情報です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP