【お悩み相談】ほんの些細なことで仲たがい...60歳を過ぎてから仲良し3人がバラバラに

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「仲良し3人だったのに、60歳を過ぎてから仲たがいしてバラバラに」というお悩みに、カウンセラーの時田ひさ子さんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_17209830_S.jpg

【お悩み】

60歳過ぎてから仲良し3人がバラバラに

私には、ずっと仲良くしていた3人組のお友達がいたのですが、ほんの些細なことで仲たがいし、バラバラになってしまいました。

いまは3人とも距離を置いている状態です。

コロナ禍ということもありますが、この年でどう修復していいかも分からず、時が過ぎていくばかりです。

気持ちや時間がからんだ状態を、どうほぐしていけばいいのか分かりません。

香川県 アミちゃん(68歳)


【おこたえ】

動き出すか、待ってみるか、自分の意思を確かめて

仲が良いと思っていたのに、何がしかの理由があって距離ができてしまったのですね。

そしてご相談者の方は、それを修復したいと思っていらっしゃるとのこと。

大事なのは、自分がなんとしてでも修復したいかどうか。

それによって動き方を決めたら良いのではないかと思うんです。

方向性は三つあると思います。

一つ目は、ご相談者が2人にそれぞれ話を聞いて、修復したいんだと伝える。

二つ目は、修復はしたいけれど、自分が動くのは違うと感じている場合は、どちらか1人と話してみて、その人が修復の意思があれば一緒にどうするか決める。

三つ目は、時が解決するのを待つ、です。

ご相談者の方が、ご自分でどこまでやろうと思われるかで、いずれかを選択されたらいかがでしょう?

物事は、進めてみると意外な方向に行くこともあります。

もしかしたら、そうこうしているうちに、お友達の2人のどちらかが、動き出すかもしれません。

●時田ひさ子さん(カウンセラー

※記事に使用している画像はイメージです。

fujisan.jpg

 

今回の先生

時田ひさ子さん
カウンセラー。専門は「複雑な人の心」

この記事は『毎日が発見』2022年3月号に掲載の情報です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP