ズボラさんでも続けられる! 簡単にできる「クリアファイル家計簿」のやり方

180703_kakeibo_01.jpg

お金はいくらあっても困らないもの。何かあったときのためにも、できるだけ貯金しておきたいですよね。しかし、節約するために毎日家計簿をつけるのは一苦労。そんなときは、めんどくさがりやの人でもできる"簡単家計簿"を試してみましょう。


ズボラさんでもできる簡単家計簿

6月12日放送の「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)には、ファイナンシャルプランナー・畠中雅子先生が登場。ズボラさんでも簡単にできる"クリアファイル家計簿"のつけ方を教えてくれました。

クリアファイルを用意したら、ファイルに1カ月分の日付をかいた紙を投入。1日分の食費・日用品の予算を設定し、その金額を1日ごとに分けてファイルに入れていきましょう。外出時はファイルに入ったお金を持っていき、あとは残ったお釣りとレシートをファイルに戻すだけでOK。使ったお金をしっかり把握することで、無駄遣いがグッと減るそうです。

月の食費は収入の15%に抑えるのが理想。1日分に使える金額を割り出して、その金額をファイルに入れればOKとのことです。

また、ネット上では家計簿をつける際のさまざまなアイデアが紹介されています。中でも注目を集めているのが"レシート○×家計簿"。毎日レシートを保存しておき、週に1回程度レシートをざっくりと項目ごとに分けて合計額を付箋にメモしましょう。月末にレシートを見直して、必要な買い物には○、不要だった買い物のレシートには×をつけたら完了。○と×の合計金額をそれぞれ計算すれば必要経費と無駄遣いが見えてくるので、月々の無駄遣いを減らしていけるはず。

家計簿のつけ方に苦労していた人は多いようで、SNSなどでは「簡単な方法なら私でも続けられそう!」「余った分を何に使うか考えるのも楽しそうだね」など興味を示す声が続出。継続してつけられるよう、自分に合ったつけ方を模索してみては?


半数以上の人が家計簿に挫折していた!?

過去には「株式会社マネーフォワード」が"家計簿"に関する調査を実施。アンケートで「家計簿に挫折した経験はありますか?」と聞いたところ、57.5%の人が「ある」と回答しています。挫折の理由として最も多く上げられたのは「面倒だから」。他にも「細かくつけようと思って完璧にできず挫折」「分類や計算の仕方がわからない」といった意見が多く見られました。

「貯金を上手くすることができず、悩んだ経験はありますか?」という質問では、45.3%の人が「ある」と回答。SNSなどでは「いつの間にか使ってしまう...」「予算を上手く計算できない」など悩みの声が上がっています。

一方できっちりと貯金している人からは、「貯金が増えるとゲーム感覚で楽しくなってくる」「1度ペースさえ掴めばあとは簡単」との声が。自分なりにコツコツと貯金して、貯金自体を楽しめるようになるといいですね。

文/藤江由美


関連記事:「夫婦仲が悪いほどへそくり額が多い!? 60代・70代の"へそくり事情"」

 

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP