仕事は「まとめて」やらないほうがいい/仕事の渋滞は「心理学」で解決できる(4)

pixta_30010495_S.jpg毎週水、木曜更新!

今、あなたは「たまった仕事」に苦しめられていませんか? 「たまった仕事」=「仕事の渋滞」は、人の「心」の働きを理解すること、つまり 「心理学」的なアプローチですべて解消できるのです。
書籍『仕事の渋滞は「心理学」で解決できる』で、あなたの「たまった仕事」を一掃し、「仕事の渋滞」を解消して、毎日スッキリ会社に通えるようになりましょう!

◇◇◇

前の記事「まとめてイッキにやれば「何とかなる」は幻想/仕事の渋滞は「心理学」で解決できる(3)」はこちら。

 

メールをためると恐ろしいことになる

ためておいた仕事というのは当たり前ですが、分量が多い。たとえば、「週末にまとめてメールを処理しよう」などと考えていると、今のメールの受信数から考えて、とても1日に処理しきれる量で済むとは思えません。

一般社団法人日本ビジネスメール協会のサイトによると、平均的なビジネスメールの受信数は1日55通だということです。仮に50通だとしても、平日だけで250通になってしまいます。1通10秒でチェックしても、チェックだけで40分以上かかってしまう数になります。

しかも同じサイトによれば、平均の「送信数」は12通に上っており、1通作成するのに平均7分かかっています。ということは、毎日返さなければならないメール1週間分をまとめて返すとしたら、6時間前後メールにかかりきりになってしまいます。
 

ヒトは同じ作業に飽きる

心的飽和」 といって、人間は同じ作業を続けていると、飽きてしまいます。 作業の質も低下するし、モチベーションがとにかく下がります。やがて同一の作業を継続できなくなるのです。

そうなったとしても、別の作業をやろうとしてみると再開できます。つまり飽きるのと疲れるのは違うということです。もちろん、6時間もメールチェックして送信していたら疲れるに決まっていますが、疲れる以上に飽きるのです。

メールチェックや送受信は、「ためてからイッキにやる」ことの事例として分かりやすいでしょう。黙っていても1ヵ所にちゃんとたまってくれますし、まとめて処理するということがイメージしやすいと思います。そういう作業についてすら、これです。わずか1週間分をまとめて処理するだけでも、まったく現実的でないのです。

 

メールチェックだけで1日が終わってしまったら

しかも、ほとんどのビジネスパーソンは、メールチェックだけやっているわけではないのです。

私の仕事は物書きですが、物書きであっても、物を書くだけで仕事が終わるわけではありません。1日中執筆だけしていたら、仕事にも生活にも間違いなく不具合が生じます。税金を払ったり、経費になるものの計算をしたり、パソコンのメンテナンスをしたりするのはどれもなかなか大事な仕事です。もちろん、担当編集者からメールや電話がくるので、それらに対応する必要もあります。

つまり、同じ仕事ばかりしていると、他の仕事がたまるのです。たまった仕事を片づけては、別の仕事をため、それをまた片づけているうちに、さらに他の仕事がたまる......。

このやり方はまったく合理的ではなく、非効率の極みなのです。

また、まとめてしまうと、「旬」を逃すことになります。またしてもメールを事例にしますが、メールを出したとき、1日(24時間)以内に返信が欲しいと思っている人は、実に86%以上だそうです。こういう人たちを最大で4日も待たせることになります。まとめてやるというのには、こういう不都合がいくらでもあります。

経費であれば、毎日記録を残すようにすれば、日付の整理などで余計な時間を使う必要がなくなります。レシートを家計簿につけるとき、日をまたがなければ、金額だけを入力すれば済みます。1週間分まとめるから、日付を入力し直さなければならなくなるのです。

仕事をまとめるということは、手間とかける時間を増やし、関係者の心証を悪化させるということに他ならないのです。

 

次の記事「仕事をイッキにやるのは、記憶の新鮮さを確保したいから?/仕事の渋滞は「心理学」で解決できる(5)」はこちら。

佐々木正悟(ささき・しょうご)

心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年北海道旭川市生まれ。97年獨協大学卒業後、ドコモサービスで働く。2001年アヴィラ大学心理学科に留学。同大学卒業後、04年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年に帰国。帰国後は「効率化」と「心理学」を掛け合わせた「ライフハック心理学」を探求。執筆や講演を行う。著書に、ベストセラーとなったハックシリーズ『スピードハックス』『チームハックス』(日本実業出版社)の他に『先送りせずにすぐやる人に変わる方法』(KADOKAWA)、『一瞬で「やる気」がでる脳のつくり方』(ソーテック)など。また、共著に『iPhone情報整理術』(技術評論社)がある。

jyuutai.jpg

『仕事の渋滞は「心理学」で解決できる』
(佐々木正悟/KADOKAWA)


働く人が自分の仕事とそれにかかる時間を、自分でコントロールできるようになる方法を伝授する1冊。心理学ジャーナリストの著者ならではの知見を活かした、読者がすぐ実践できるユニークなメソッドを提示します。この本を読めば、仕事のストレスを抱え込んでしまう状態から脱し、心身の健康をとり戻し、毎日スッキリ会社に通えるようになれます!

この記事は『仕事の渋滞は「心理学」で解決できる』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP