ビデオ通話を使ったことありますか?「LINEの無料通話」の操作方法/スマホお悩み相談室

LINEには「友だち」同士で通話ができる機能があります。20年にわたって携帯電話業界を取材し続けているジャーナリストの村元正剛さんに、LINEを活用した「無料通話」について教えていただきました。

スマホ本来の「電話」との違いは?

電話

電話番号を用いて発着信します。電話のかけ放題サービスに加入していない場合は、30秒あたり20円(税別)の通話料がかかります。ただし、データ通信量はかかりません。

LINEの「無料通話」・「ビデオ通話」

LINEでつながっている同士(「友だち」)で発着信できます。インターネットに接続するため、データ通信量の対象となります。「無料通話」は1分で0.3MBほど、「ビデオ通話」は1分で5.1MBほどを消費します。契約している料金プランにもよりますが、、「無料通話」はスマホの「電話」よりも割安です。なお、Wi-Fi接続時はデータ通信量はかかりません。

LINEの「無料通話」ってどうやって使うの?

「無料通話」はインターネット回線を使って通話ができる機能で、通話料がかかりません。通信側と着信側のどちらにもデータ通信量はかかりますが、契約しているデータ通信の定額料金で収まることが多いでしょう。

お互いの顔を見ながら話せる「ビデオ通話」も楽しめます。「無料通話」よりもデータ使用料が増えますが、せいぜい1分5円程度です。なお、Wi-Fi(ワイファイ)に接続した場合はデータ通信量はかかりません。離れた家族や友人の顔を見たい場合などに活用しましょう。

「無料通話」を発信する

1911p112_01.jpg

LINEの「友だち」から「無料通話」で話したい相手を選んでタップ。

1911p112_02.jpg

「無料通話」をタップします。

1911p112_03.jpg

これは発信中の画面。「電話」とは異なる呼び出し音が聞こえます。

1911p112_04.jpg

相手が応答すると、通話時間が表示されます。

トークルームからも発信可能

1911p112_05.jpg

トークルームの右上の受話器のアイコンをタップすると、
「無料通話」または「ビデオ通話」を選択できます。

着信した「無料通話」に応答する

1911p113_01.jpg

「無料通話」を着信すると、このような画面が表示されます。緑のアイコンを右になぞりましょう。

1911p113_02.jpg

「無料通話」に応答すると、この画面が表示されます。

「無料通話」の通話中に行える操作

1911p113_03.jpg

通話を終えたら、赤いアイコンをタップしましょう。

「ビデオ通話」を発信する

1911p113_04.jpg

LINEの「友だち」から「ビデオ通話」で話したい相手を選んでタップ。

1911p113_05.jpg

「ビデオ通話」をタップします。

1911p113_06.jpg

発信中の画面。自分の顔が表示されます。相手が応答すると、相手に見える画像です。

1911p113_07.jpg

相手が応答すると、相手の顔が大きく表示され、お互いの顔を見ながら通話ができます。

着信した「ビデオ通話」に応答する

1911p113_08.jpg

「ビデオ通話」を着信すると、着信者の顔が表示されます。緑のアイコンを右になぞりましょう。
「カメラをオフにする」をタップすると、顔を見ずに通話できます。

1911p113_09.jpg

「ビデオ通話」に応答すると、相手(発信者)の顔が大きく表示され、
お互いの顔を見ながら通話ができます。

1911p113_10.jpg

スマホの使い方をやさしく解説!「スマホお悩み相談室」その他の記事はこちら

 

<教えてくれた人>

村元正剛(むらもと・まさかた)さん

20年にわたって携帯電話業界を取材し続けているジャーナリスト。

この記事は『毎日が発見』2019年11月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP