アレもって来ればよかった...後悔しないための「バーベキュー」お役立ちアイテム5選

pixta_23015392_S.jpg

夏本番。河川敷やキャンプ場、海などでバーベキューをする人たちを多く見かけるようになりました。しかし、いざ準備万端、高価なアウトドアグッズを持って行っても、現地で「こんなアイテムがあったらな...」と思った経験があるのではないでしょうか。

アウトドア・イベントで成功するかどうかは準備が決め手。そこで今回は、コンロや網などバーベキューの定番アイテム以外で、100均で手に入ったり、自宅にあるもので持っていくと便利なアイテムを紹介します。

用途はさまざま!100均&自宅にある便利アイテム

◯紙皿&紙コップ
バーベキューに普通のお皿を持っていくのは、割れてしまう危険があります。軽く、帰りも捨てて帰ることができる紙皿が適していますが、ポイントは、なるべく底が深くなっているものを選ぶこと。盛り付けた食べ物をこぼしにくいですよ。また、素材は厚いほうがよいでしょう。安定するので、風が強い日でも吹き飛ばされにくいです。

pixta_24417334_S.jpg

◯針金のハンガー
服をかけたり、タオルを乾かしたりするのはもちろん、形状を変えれば、柱に絡ませランタンをぶら下げて使うこともできます。また、ハンガーを輪にしてレジ袋をひっかければ、ゴミ袋としても使えます。さらに、両側を曲げてトイレットペーパーの芯に通せば、コロコロ回る便利なペーパーホルダーにも。アイディア次第でいろんな活用ができます。

◯アルミホイル
ホイル焼きに使用するのはもちろん、火を使うときもフライパンの外側をアルミホイルで包んでおくと、片づけのときにすすがつきません。また、テーブルなどに広げれば、手っ取り早いまな板に変身します。

◯トイレットペーパー
近くにトイレがなかったり、あっても紙がなかったりすることはよくあることです。そんんときの「持ってきてよかった」と感謝されるものの筆頭がトイレットペーパー。また、飲み物をこぼしたときなどもティッシュより手軽に使えます。いくらあってもありすぎることがないです。

◯新聞紙
炭や木片に火をつける際、新聞紙を丸めて種火にすることができます。また、新聞紙は油をよく吸うので、バーベキュー後のギトギトした網の油を拭き取るのに重宝します。さらに、新聞紙は保温に役立ちます。急な悪天候に見舞われた際は、上着の中やシャツとシャツの間に新聞紙をはさみ込めば、冷えから体を守ることができるでしょう。おなじように雨や川でぬれた靴の中に新聞紙を丸めて突っ込めば、意外なほど素早く水分を吸収してくれます。

pixta_1039490_S.jpg

100均で揃うアイテムのなかには、便利なものがたくさん。100均にはまだまだお役立ちグッズが眠っていますので、バーベキューなどのアウトドア前には一度足を運んでみてはいかがでしょうか。また、新聞紙など、自宅にあるものも持っていくといざというとき活躍してくれそうですね。あなただけのアイデアで新しい便利アイテムを発掘してください。

文/千葉洋一

この記事に関連する「趣味」のキーワード

PAGE TOP