「もしかして今の、尿漏れ?」更年期以降の女性の外出時の悩みに備える!

pixta_4733954_S.jpg

  

尿漏れは主に更年期以降の女性の多くが人知れず困っているトラブル。だから、悩んでいるのはあなただけではないということです。まずは尿漏れが起きるしくみを知り、症状を軽減&改善するための対策を始めましょう。「お出かけ先で漏れたらどうしよう」と不安ならば、尿漏れ専用ナプキンの用意があれば安心です。東峯婦人クリニック院長の松峯寿美先生にお聞きします。

  

Q.どうして尿漏れが起きるのですか?

人は"尿をためて排尿する"という行為を半分自分の意思でコントロールしています。ところが、自分の意思とは無関係に漏れてしまうのが尿漏れ。女性の尿漏れは、骨盤底筋群という筋肉が出産や加齢によって弱まり、緩むことが最大の要因です。

骨盤底筋群は骨盤内の内臓を支えるハンモックの役割を果たし、排せつをコントロールしています。しかし、更年期以降、女性ホルモンが低下するとハンモックの機能が衰えて、尿道口や肛門を締める筋肉が緩みやすくなってしまうのです。

女性の尿道は約3〜4㎝と男性に比べて短めです。しかも、女性には男性にはない腟があり、加齢とともに広がりやすいのが弱点。そのため、出産回数が多い人ほど尿漏れしやすい傾向にあるのです。 尿漏れには大きく分けて二つのタイプがあります。

一つはくしゃみや咳が出たり、笑ったとき、重い物を持ったときなど、おなかに力を入れた瞬間に起こる腹圧性尿失禁。これは、骨盤底筋群が緩んでいるところに、腹圧によって膀胱が上から押され、尿が漏れる状態をいいます。また、もう一つは、トイレまでこらえきれずに尿漏れする切迫性尿失禁。こちらは自分の意思とはうらはらに、膀胱と尿道口のコントロールが利かなくなり、「トイレに行きたい」と思うだけで尿が漏れてしまうのです。

腹圧性も切迫性も膀胱にたまった尿を持ちこたえられないことで生じ、その両方のタイプを併せ持つ"混合性尿失禁"のケースもあります。

  

Q.治すことはできますか?

ちょっぴり漏れる程度の腹圧性尿失禁なら、骨盤底筋群を鍛えるトレーニングを1カ月間続けてみましょう。随分、解消できます。トレーニング法は腟の周囲を意識して、キュッと引き締めるだけ。締めるときに息を吐き、緩めるときに息を吸うのがポイントです。"あおむけ"や"いすに座って行う"ほか、どんな体勢でもできるので実践してください。治ってからも1セット5回程度を週2回続けると再発予防に効果的です。

女性は何歳になっても骨盤底筋群を緩ませないことが重要ですが、一番ナチュラルなトレーニングは夫婦生活だということをご存じですか? 「夫婦仲よく」が尿漏れの予防にもつながるのです。また、内臓脂肪が増えたり、頑固な便秘が続くと、骨盤底筋群に負荷がかかりますので、生活習慣にも注意しましょう。

尿漏れは腹圧性も切迫性もどちらも膀胱に尿がたまった状態です。それを持ちこたえられずに漏れてしまうため、外出前にはトイレを済ませ、膀胱をからっぽにしておくと安心です。そして、時間に余裕のあるときは尿意を5分ほど我慢して、ある程度ためてからトイレに行く"膀胱訓練"を試してみましょう。「ここの筋肉を締めると尿が漏れない」と体で覚えると、外出時に役立ちます。

また、"過活動膀胱"といって、尿が膀胱にたくさんたまっていないのに頻尿になる病態があります。急性または慢性膀胱炎が潜んでいる場合があるため、一度尿の検査が必要です。膀胱炎でもないのに頻繁にトイレに通っていると、尿漏れにつながっていくため、過活動膀胱の薬を処方してもらうといいでしょう。

尿漏れはトレーニングや治療によってある程度抑えられる病気です。気になる症状があるときは泌尿器科や婦人科を受診してくださいね。

  

Q.ナプキンを選ぶときの注意点はありますか?

「外出先で尿漏れしたら......」と不安な方は、尿漏れ専用ナプキンを使うと安心です。その際、生理用ナプキンを代用するのは望ましくありません。生理用ナプキンは腟から排せつされるドロッとした経血を吸収する設計ですから、尿の水分をしっかり吸水することができないのです。

尿漏れ専用ナプキンは吸水力が大事ですが、もう一つ、消臭力があるかどうかも要チェックです。「下着や洋服にしみないかしら」「におわないかしら」というのが一番の気がかりですから、吸収力&消臭効果をポイントに選びましょう。 外陰部の皮膚はデリケートです。自分の尿で皮膚トラブルを起こす心配もあるため、通気性がよく、肌触りのやさしい尿漏れ専用ナプキンを選ぶことも大切です。そして汚れたら交換するように心がけましょう。

年齢を重ねても、いつまでも若々しく、いきいきと過ごしたいものです。尿漏れはいわば仕方がないこと。思い悩むよりもまずは対策や予防策を試し、尿漏れケアのグッズを上手に使ってお出かけを楽しみましょう。

<まとめ> 軽い尿漏れであれば、骨盤底筋トレーニングや 膀胱訓練を行うことで改善できます。 外出時は尿漏れ専用ナプキンがあなたの味方に!

 

↓↓軽い尿漏れでも外出安心! 中村綾子先生と共同開発しました↓↓

この記事は『毎日が発見』2016年3月号に掲載の記事です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP