100円ショップで買えるあのアイテムで!1日5分の視力回復法

180315_megane_1.jpg

近視や老眼といった目の悩みは、多くの人が抱えていますよね。さらに視力は一度下がってしまうとなかなか戻らないイメージが。しかし、ある身近なアイテムを使った簡単で効果的な視力回復法が存在しています。


100円ショップのアイテムで視力回復!?

以前放送された「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」(TBS系)で取り上げられたのは、近視や老眼の対処法。彩の国東大宮メディカルセンター眼科部長の平松類先生が、100円ショップでも購入できる老眼鏡を使った視力回復法を紹介してくれました。

そもそも近視や老眼が起こるのは、ピントを合わせる「毛様体筋」という目の筋肉が老化や疲れで凝り固まるせい。老眼鏡で遠くを見ると、このピントを合わせる能力が一旦リセットされます。やり方は、老眼鏡をかけて1日5分間1メートル以上遠くを見るだけ。非常に簡単な点もメリットです。

近くのものを見るとき、毛様体筋は縮んで目のレンズを厚くします。逆に遠くを見るときは伸びて薄くなり、ピント調節の機能を果たすことに。老眼鏡をかけて視界がぼやけると、毛様体筋は伸縮をやめてフラットな状態になります。視力回復に効くのは、フラットになることで疲労が軽減されるから。


眼鏡やコンタクトをしている人でも実践可能

先生の解説を聞いた出演者の柴田理恵さんは、「老眼鏡をかけてもピントが合わず、目がぼやけて何も見えませんよね?」と半信半疑のようす。しかし先生からは「何も見えないことが目にとって重要なのです」という驚きの答えが返ってきました。

実は、目は何かが見えると、なんとかしてそこにピントを合わせようとする力が働きます。ぼやけて何も見えなければ目はピントを調節する機能すら働かせなくなるので、リラックスした状態になると先生は補足しました。

眼鏡を持っていないという原田泰造さんは、使用する老眼鏡の選び方について質問。一般的に老眼鏡には弱・中・強の3種類が存在しているのですが、中のぼやけ具合が最も効果があります。普段は中以外の老眼鏡を使っている人や強度が分からない人も、回復法を行う場合は中の老眼鏡がおすすめ。また、回復法は普段眼鏡やコンタクトを着用している人でも行えます。はっきり見えた状態からぼやけさせるのが重要なので、眼鏡やコンタクトの上から老眼鏡を掛けてくださいね。

スマホやパソコンで目を酷使しがちな現代人は、視力の低下と常に隣り合わせ。目に違和感や疲れを感じたときは、老眼鏡を使って回復させてみては?

関連記事:「49歳、急に文字が見えにくくなった原因は「老眼」だった」

友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット