脳の老化や認知症の予防には「対人ゲーム」がおすすめ♪ 「勝つ意欲」が前頭葉を刺激する

超高齢社会の現代において、認知症は誰もがなりうる病気の一つ。脳は体よりも老化が早いといわれています。10の新常識を知って、脳の健康寿命を延ばしましょう。今回は、アルツクリニック東京院長、順天堂大学医学部名誉教授の新井平伊(あらい・へいい)先生に「『脳寿命』を延ばす新常識」をお聞きしました。

【前回】認知症の予防には、まず太ももの表側「大腿四頭筋」を鍛える! 継続することが大事!

【最初から読む】2025年には5人に1人が認知症!? 「脳が老化する4つの仕組み」を知って老化予防を心がけよう

2106_P044_01.jpg

【新常識】人とゲームをして勝とうとする

前頭葉を大いに使って勝つ「意欲」を高める

新井先生は、脳の老化を予防する一つの方法として、対人でゲームをすることをすすめています。

「脳を鍛えるゲームの条件は、現実世界の中で人と一緒に行うこと、コミュニケーションの道具になること、繰り返しではないこと、楽しめることの四つです」

対人ゲームは、相手がいることにより常に変化があり、決まった答えがありません。

相手の出方を予測し、推理し、それに合わせて手を変えたりすることが、前頭葉を刺激するといいます。

また、人と喜怒哀楽を共有し、コミュニケーションをとることにより、社会性を高めることもできます。

どうしても対人でできない場合は、インターネットを介して参加者と対戦できたりするゲームアプリを利用するのも良いでしょう。


脳の老化防止に有効な対人ゲームの仕組み

相手の手を予測する

    ▼

自分がどうするか考える

    ▼

判断して手を決める

    ▼

前頭葉が活性化する


おすすめの対人ゲーム

2106_P044_02_W500.jpg

●トランプ
●囲碁
●将棋 
●百人一首
●麻雀
●人生ゲーム

対人でできない人に
おすすめのゲームアプリ

2106_P044_03_W500.jpg

将棋アプリ 将皇(入門編)
ルールや基本的な攻守の解説もあり、初心者にもおすすめ。無料(スマホ)

2106_P044_04_W500.jpg

セガNET麻雀MJ
多くの対戦者が集う定番ゲーム。基本無料で対戦可能(パソコン、スマホ)。

【次回】「寝過ぎ」と「寝不足」で認知症のリスクが2倍!? 良い睡眠を手に入れるための5つの秘訣

【まとめ読み】特集「『脳寿命』を延ばす10の新常識」記事リストはこちら!

取材・文/岡田知子(BLOOM) イラスト/藤田ヒロコ

 

<教えてくれた人>
新井平伊(あらい・へいい)先生
アルツクリニック東京院長、順天堂大学医学部名誉教授。専門はアルツハイマー病を中心とした老年精神医学。1978年、順天堂大学医学部卒業。1999年、同大学病院で国内唯一の「若年性アルツハイマー病専門外来」を導入。2019年、アルツクリニック東京を開業し、世界に先駆けてアミロイドPETを含む「健脳ドック」を導入した。

この記事は『毎日が発見』2021年6月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP